トップ > My ページ > ちゃーはん さんのレビュー一覧

ちゃーはん さんのレビュー一覧 

検索結果:5件中1件から5件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/10

    自分は今までナオコさんのレコードやCDは1枚も買ったことがなかったけど、最近、このCDの原形とも言うべき「NAOKO vs MIYUKI」(1978年発売)というLPレコードを手に入れて、「ナオコさんって、凄い歌手だったんだ!」と実感しました。「LA-LA-LA」、「かもめはかもめ」、「窓ガラス」などのみゆきさんがナオコさんのために書き下ろした曲はもちろん、「わかれうた」、「りばいばる」などのみゆきさんのオリジナル曲や、「この空を飛べたら」、「ルージュ」などの他の歌手への提供曲も、オリジナル版とは違う魅力を引き出していて、ナオコさんの歌手としての力量のレベルの高さを実感しました。全36曲・43ヴァージョン、CD3枚組で本体価格4762円とちょっと値は張るけど、ナオコさんもみゆきさんも好きな人なら、買って損はありません!
    ちなみに、ライナーノートによれば、ナオコさんは今でもみゆきさんの曲をライヴで歌っていて、その中には「悪女」、「ヘッドライト・テールライト」といった、公式にレコーディングされていない曲も含まれているということなので、また、みゆきさんの作品のカバーアルバムを作ってほしいし、「ひとりぽっちで踊らせて」(1979年発売)以来途絶えている、みゆきさん書き下ろしのナオコさんの新曲も聴きたいやねぇ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/31

    ユニバーサルミュージックさん、一刻も早く、このアルバムを、御社が版権を持つ他のミカ・バンド作品共々、紙ジャケット仕様のプラチナSHMディスクで再発売して下さい!
    他のアルバムはSHM-CDで再発売されているのに、このアルバムだけが、未だに1987年に東芝EMI(当時)から発売された初版CDの音源のままというのは、はっきり言って、「黒船」と並ぶミカ・バンドの名盤に対する冒涜です! ジャケット・デザインに負けないくらいカラフルで騒々しい音の世界が全然伝わってこないし、これなら、イギリスEMIハーヴェストのアナログ盤で聴いた方がずっとマシです。
    なお、再発売の際には、オリジナルのアナログ盤の付録だった シングル盤に収録されていた亀渕昭信のDJによるレコーディング・データと、「サイクリング・ブギ」のリミックス・ヴァージョンの収録、よろしく頼みます。但し、中身の音楽は大満足なので、5つ星を付けさせていただきます。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/31

    サディスティック・ミカ・バンド解散後、ソロ活動を再開し、かつ、安井かずみとのコラボによる初の作品である「それから先のことは」と、いわゆる「ヨーロッパ3部作」の第1作である「パパ・ヘミングウェイ」という、話題性の多いアルバムに挟まれたせいで、正直言って、加藤さんの作品の中では地味な存在の 1枚。
    でも、「ヨーロッパ3部作」のような日常感のない世界ではなく、都会で暮らす人の日常生活を切り抜いたような雰囲気が、歌詞にもサウンドにも反映されて、いつ聴いてもリラックスできるので、今では加藤さんのソロ・アルバムではこれが個人的に1推しです! 特に、オリジナルのアナログLPではA面に収録されていた、前半の5曲の流れはお見事!の一語に尽きます。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/03/18

    子供の頃、よく観ていた「ヤングおー!おー!」、「アップダウンクイズ」 、「世界まるごとHOWマッチ」のテーマ曲が何十年ぶりに聴けて、テレビ好きの自分にとっては、めっちゃ嬉しいです!
    ただ、2017年時点で発売から8年が経ち、当時、このシリーズで同時発売されたテレビ朝日編とTBS編は入手困難になっているので、ぜひとも、増補改訂版のCDを出して欲しいです。MBSの「生きものばんざい」 や「メイト7」、テレ朝の「ニュースステーション」や「クイズヒントでピント」、TBSの「ぴったしカンカン」や「クイズダービー」など、まだまだ聴きたい曲があるので、ユニバーサルさん、ウルトラヴァイヴさん、検討よろしくお願いいたしますm(__)m。それから、ABC(朝日放送)編のCDも作って欲しいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/11/28

    傑作揃いの東宝クレージー映画の中でも、この映画を推しに挙げる人が少ないので、1つよろしいですか?

    人相、国籍、年令、全て不明の大怪盗ジバコをクレージーキャッツのメンバーが7人1役で演ずる面白さと、ジバコの変装に全ての人が翻弄されていく姿は、今、見ても、リアリティーを感じると思うのですがねぇ。

    ライナーノートにはリメイク版の制作に期待する旨のコメントが書かれていたけど、正直、それは勘弁してほしいです。
    玩具のピストルを渡そうとした鈴木二郎刑事に、ジバコが「日本人は正直で親切だって聞いていたけど、本当だねぇ」と言ってくれたけど、今の日本の姿を見たら同じ事を言ってくれるのかどうか、自信がないですねぇ。
    以上、長文失礼しました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示