トップ > My ページ > さまざん さんのレビュー一覧

さまざん さんのレビュー一覧 

検索結果:135件中31件から45件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/21

    R&Bっぽくて気持ち良い曲ばかりでした。メンバーの方々、ダンスだけではなく歌も上手いです。大ヒット曲「Dynamite」はマイケルジャクソンっぽさも感じさせるノリノリな曲で、アルバム中で一番好きな曲です。
    Deluxe Editionはボックスの重量感もあり中身が色々詰まっていて満足感があります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/19

    back numberのアルバムを全部聴いたわけではないのですが、このMAGICはロックな曲が目立ってるように感じました。「最深部」「ロンリネス」「エキシビジョンデスマッチ」「大不正解」などの曲で顕著です。
    もちろん「瞬き」「オールドファッション」「雨と僕の話」「HAPPY BIRTHDAY」のような、back numberのイメージに合った落ち着いたキレイな曲も光っています。
    バランスの良いアルバムだと思いました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/18

    現時点で最新のオリジナルアルバムです。全体的に夜っぽく大人なアルバムだと思います。儚げで美しいバラード「覚めない夢」や特に夜の雰囲気の「赤い目のクラウン」、言葉遊びが楽しい「G-ROCK」、美しいメロディーの「MAP」、軽快で自然と体が動く「Love Rainbow」など全曲良いです。時々棚から取り出して聴きますが、またニューアルバムを聴いてみたいななどと思ってしまいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/18

    喜びもあるけれど心の痛みも避けられない人生で、それでも昭和・平成・令和と生きてきてこれからも前を向いて生きていこうという強い気持ちを2曲から感じました。上沼恵美子さんの歌唱も力強くも優しく、これらの歌をリスナーの心に届けてくれます。
    悲しみの中から希望を見出して生きていこうとする歌には力があると思います。とても良い2曲でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/18

    両忘は考えさせられる歌です。自分も若い頃他人の過ちに不寛容だったころもあり、「反面教師と諭すように人の不幸指差せば いつか当たるぞ自分の打った流れ弾に」という歌詞には心揺さぶられました。でも、小渕さんの解説に「いつかまた立ち上がれる」とあるように希望の歌なのだと思いました。大人になった今でもかつて自分の打った流れ弾に胸を痛めることも時々ありますが、もっと歳を重ねて優しくなれたらと思います。
    カップリングのギターインストは落ち着ける素敵な2曲でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/18

    フロイトが精神分析のために患者さんの夢の内容を指標にしていたということを初めて知りました。この本は非常に難解でよく理解できなかったところが多いのですが、夢がその人の願望充足を目的としていることや性的な願望の象徴であることなど、興味深く読ませて頂きました。巻末の解説が無かったらほとんどわからなかったかもしれないので、解説付きのこの光文社古典新訳文庫はオススメです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/18

    いずれも実力派揃いのカバーで聴きごたえがあります。SWEET MEMORIESを歌った幾田りらさんは歌声にムードがあり、大人っぽい曲に合っています。B’zによるセクシャルバイオレットNo.1は、よりロック度が増して迫力がありカッコいいです。ルビーの指環をカバーした横山剣さんは大人のオトコの雰囲気でこれも良かったです。代表的なものを挙げましたが、どれも素晴らしいカバーばかりだと思いました。昭和の名曲の良さを再発見できる良い企画盤です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/17

    とても芸術的なアルバムです。King Gnuの井口さんも数曲参加されています。天気で言うと曇りの雰囲気ですが曇りには曇りの良さがあり、その翳りに心惹かれます。もう何回か聴いていますが飽きることがありません。ジャケットもカッコよくて良いです。たまに棚から取り出して聴きたくなる、そんなアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/16

    打ち込みが多いですが、後半はバンドサウンドの曲も出てきます。「泣かない女はいない」はこのアルバムの中で異色作だと思います。良いです。ラストの「はらはらと」は感動的なエンディングを彩っています。「雪が消してく」もしっとりしていて好きな曲です。
    YUKIさんのアルバムは初めて聴きましたが、かなり良かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/15

    人生は哀しいこともあるけれど笑って歩こうよと呼びかけてくれる曲です。
    70年代を意識したとご本人も言われているように、どこか懐かしいメロディーです。
    プラネタリウムは愛する人との大切な時間を描いたラブソングです。
    2曲とも穏やかなバンドサウンドが心地よく、何回も聴きたくなるし、何回も聴いてより魅力がわかる2曲だと思います。
    とても良いシングルCDでした。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/15

    「BLUE WINGS」はシンプルなアレンジで、今までシングルでこういう曲は無かったんじゃないかと思います。同じ時代を生きる人たちに対する応援歌で、コロナ禍を思わせる部分もあります。新境地で良い曲です。
    「スマイルフラワー」もやはりコロナ禍を生きる人達の背中を押してくれる曲だと思います。こちらはバンドサウンドが目立っています。
    「BLUE WINGS」のライブテイクは、全メンバーのソロパートがあります。こちらはより人力感が増していて素敵です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/12

    とても美しいアルバムでした。フェイクやニシエヒガシエのようなトゲトゲした曲はありません。世の中に抵抗するというよりは、受け入れてその中から光を見出して生きていこうという意思を感じました。「turn over?」あたりは昔のミスチルを思わせるメロディーで懐かしくなりました。
    若い頃にもがき苦しみ、そういう時期を経たからこそ生まれたアルバムだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    遥に対して巻き起こる様々な試練は相当なもので、読者である自分に対しても感情面で「これは辛いな・・・」と思わせるものがあります。ただそれ故に現実の試練に対抗するためのトレーニングにもなるなと感じました。
    最後の展開には衝撃を受けましたし、良い読書体験をしたなと思います。
    この小説は賞を取って当然という感じがします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    オリジナルの「HOSONO HOUSE」は聴いたことがないのですが、今作は現代において全く不自然じゃない作風で楽しめました。インストや打ち込みなど多様なアレンジが施されていますが、通して聴くと細野さんのカラーに染まっていて統一感があります。細野さんの他のアルバムと同様に上品で落ち着いていて、細野さんの人間性がそのまま表れているようです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    いや〜終わってしまいましたね。このマンガ結構好きでした。普段関わることのない藝大生の言葉を聞ける貴重なマンガでした。奥様はとても快活で可愛らしく描かれているので癒されます。この4巻では藝大の先生と学生との関わりや卒業生の進路についても触れられていて、興味深く読ませて頂きました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:135件中31件から45件まで表示