トップ > My ページ > ひ〜ちゃん さんのレビュー一覧

ひ〜ちゃん さんのレビュー一覧 

検索結果:242件中196件から210件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/11

    純粋にカッコいい!NWAの頃から聞いてる人にはたまらなくカッコいいでしょう!しかし、このアルバムは同じような曲調が多くて、英語が分かる人以外には少々退屈するかもしれません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/10

    このギタリストのアルバムは、常にどれも斬新です。キャッチーでリズミカルなカッティングに、OZ NOY独特のグルーヴを合わせて、少しヘンテコな最高の演奏を聞かせてくれます!そしてこのアルバムには、セロニアス・モンクのギターアレンジバージョンが二曲入っていたりもします。このギタリストは要チェックです!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    ドヴォルザークの名曲、ピアノ協奏曲を、リヒテルが!!力強いいぶし銀な名盤!オーケストラも、ダイナミクスに富んでいて、聞き応えがありました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    なんか目新しさは感じられませんでした。1973年生まれの作曲家なので、もっと前衛的なのを期待していたのですが。もっとも、グレゴリオ聖歌や17世紀頃のミサ曲などをモチーフにしてるからなのでしょうけど。  このアルバムは不協和音だらけの現代音楽が聞けない人でも聞けちゃうんじゃないかな。そのかわり前衛的なものを求めてる人には肩すかしくらっちゃうような。  だけどつまらない造りの曲では無い所が良かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    ピゼッティのピアノ曲は、特別興奮するような曲は無くて、静かで穏やかな曲が多かったです。聞いていると、一瞬印象派に近い所や、レスピーギの音使いを連想させられたりする所があるような気がしまた。 僕はリラックスしたい時なんかにこのアルバムを聞いたりしてます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    なんか普通。今のオジー・オズボーンのギタリスト、ガス・Gが参加。プロデューサーはフレドリック・ノルドストロームだが、特にいい曲はなかったし、サウンドもなんか平凡で一昔前のHM。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    Voのメロディーはまぁまぁ。ただ、楽曲一つ一つは、コード進行が単純すぎて、聞き応えがあまり無いように思う。このバンド独特のギターワークが好きな人には楽しいアルバムだと思います。だけど僕としてはもう一ひねりして欲しかったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    渋いリフ、疾走感のある曲展開、勢いのあるVo、スリリングなギターソロ。コレはかっちょいいぜ〜!フィンランドのデス・スラッシュ!コレは聞かなきゃ損だと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    僕にとっては、この演奏は普通にしか感じず・・・・いや、むしろダイナミクスに乏しく感じ、あまり好きになれませんでした。シェーンベルクはロマン派ではなく近代、現代に分類されるようですがシェーンベルクの曲は大袈裟な曲が多いように感じてしまい、だからこそ、この曲はシェーンベルクの作品の中でも、もっと大袈裟に、そして叙情的豊かな演奏をしてるものを求めてしまいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/04

    美しく、せつなくもある旋律を、のびのびと、豊かに鳴らしている。まるで透明で幸福と悲しみが同居している桃源郷へ誘われるかのように。そして何故か狂おしくなって、涙が出てきてしまう。コレは曲も素晴らしく、演奏も素晴らしい!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/03

    メシアンの曲は宗教色が強い物ばかりですが、コレはヨハネ黙示録からの教示による作品。メシアンが捕虜収容所で、ヴァイオリニスト、クラリネット奏者、チェリストと出会い作曲された曲です。8曲で構成されているのは、無限、神の世の永遠の象徴。  (5)と(8)が非常に美しく、感涙ものです。(6)は4つの楽器が難解なリズムをユニゾンで弾くため難易度はかなり高いと思います。そして(1)には、メシアンならではの鳥のフレーズが出てきます!  音楽の神学者メシアンを聞くならこの{世の終わりのための四重奏曲]は、はずせないと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/03

    バッハをレスピーギが編曲、・・・いったいどうなるのか、イタリアっぽくはなやかになるのか・・・あまり想像できませんでしたが、聞いてみたら、悲しく静かで、だけど美しかったです。ただポリフォニーの要素が少し物足りなく、ホモフォニーの要素が多く感じました。エルガーのは、勝手に造語を作っちゃうとブリティッシュバッハ(笑)とでも言いましょうか。僕はあまり好きになれませんでした。しかしレスピーギ編曲は聞いてみて良かったです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/18

    これは現代曲?それともジャズ?  この作曲家は現代音楽の作曲家になるようですが、このアルバムはジャズファンも気にいると思います。というより、前衛音楽好きな人よりジャズ好きな人向けかな。 初めて聞いた時は、何事かと思いました。  これは演奏者のインプロビゼーションはまったく無く、全ての音が楽譜に書かれています。そして現代ロシア人の作曲したジャズなので、今まで僕の持っていたジャズのイメージ、アメリカのジャズとはかなり違った印象を受けました。 だけどこのアルバムはとても楽しいアルバムだと感じました。 この作曲家の曲聞いたこと無いなぁと思ってなんとなく聞いてみたら思わぬ掘り出し物でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/07

    この本は、とにかく村上龍の想像力が凄すぎる! 近未来の日本が舞台なのですが、もうカオス状態!! もともと村上龍にあった暴力性や特殊な性描写は健在なのですが、日本にあらゆる民族が入り混じっていて、科学技術もとてつもなく進歩した世界を見事に作り出しています。 しかし今の世界とはかけ離れた完全な想像の世界の状況、状態の描写なのに、簡潔な文章で、理にかなってるように感じ読者の想像力をかき立ててくれるシーンが次々と続きます。あと読みにくい台詞が沢山出てくるのですが、慣れると、訳分からないんだけど何故か意味の分かる台詞を考え出す想像力と文章力に驚かされます。  この小説は僕にとってはファンタジーです。いや、近未来ファンタジーとでも言いましょうか。またはSFファンタジー。 とにかく、尋常ならざる想像力で書かれている小説でした。  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/12

    なんと言うか、ケルト民謡を随所に散りばめられてる感じ。だけどサウンドはメタルの王道行っていてカッコイい!ケルト民謡を使ってそれを見事にメタルに昇華させているのは、かなりの作曲センスだと思いました。あと、ギターのテクがすごくてカッコイいいです!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:242件中196件から210件まで表示