トップ > My ページ > drrob さんのレビュー一覧

drrob さんのレビュー一覧 

検索結果:13件中1件から13件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/11/30

    Bis輸入盤(以下B盤)が本日到着し,早速開封.パッケージは二つ折りの筒状紙ケースに15pの解説書と紙カバーに入ったディスクが収められた簡素なもの.解説書の最初に,コンサート当日の実況放送を丸ごと収め,一切音源を編集していないことで放送当日のラジオの前にいる様な雰囲気を再創造した旨明記されている.結論から言うと事程左様に70年の時をさかのぼって当日のラジオ中継を聴いている気分になれること請け合いのソフトである.演奏だが,会場ノイズやソロ楽器の細かな瑕疵,アインザッツの乱れ具合からみて全楽章ともOrfeo盤(以下O盤)と同一のパーフォーマンスと思われる.各楽器の音量バランスもほぼ同一のようだ.O盤は比較的鮮明な音で会場の咳ノイズなどがナマナマしく聞こえる一方装置によっては中高域の張り出しでやや聴きづらさがあったのに比べ,B盤は鮮明さでは劣るがバランスの良い音で聴きやすい.特に第3楽章の弦の美しさは絶品.ただし持続的な波打つような低域ノイズとパチパチジリジリといった中高域ノイズがわずかに混入しているが鑑賞の妨げになるほどではない.遠隔地からの実況放送の録音にしては驚異的なクオリティといっていいだろう.強音でのひずみも許容範囲.一つ気になったは音量レベルの問題.B盤では1楽章の開始部空虚5度の部分は消え入りそうなピアニッシモで始まるがO盤では明らかにこの部分の音量が大きい.かといって1楽章の最強音部(B盤でトラック3の10’28”前後)は両盤ともあまりレベルに違いはない.これは想像だがB盤の方が実際の演奏の雰囲気をよく伝えているのではないか.また第2楽章は両盤ともあまり音量は違わないが,第4楽章は明らかにB盤の方が音量レベルが低い.なお2楽章の終了後歌手(合唱も?)入場のインターバルや終演後の拍手と怒濤のような足踏み?も収録されている.縷々書いてきたがこの演奏の鑑賞の選択枝が増えたことを素直に喜びたい.O盤が本番のライブ録音であることがほぼ判明した意義も大きい.さらに欲を言えばO盤のもとになったバイエルン放送のテープで全部入りのノーカット盤を再マスタリングしてほしい.(なおCD層を聴いての感想です.)

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/03/08

    断片的にしか復刻されていなかったアコースティック時代のホモコード録音を一気に全集として出すという気合いの入った企画.音の状態も大変良好で彼のタッチが活き活きとよみがえった.演奏はどれもよいが個人的にはショパンやR.シュトラウスの歌曲の編曲の演奏が興味深かった.ホモコード録音以外にも初復刻のレアなアイテムがたくさん収録されている.ブックレットには詳しい録音データや貴重な珍しい写真も収録されている.彼のファンなら絶対オススメ.

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/30

    ブルックナーにしては美しすぎる演奏.7番1楽章の再現部クライマックスなどちょっとこの世のものとも思えない音が鳴り響く.6番も文句なし名演.演奏内容の情報量が膨大なのでこのテンポが必然なのもよくわかる.8番となるとちょっとついて行けないところもあるが...朝比奈みたいな豪快ざっくり型とは対局の演奏だがどちらのアプローチでもブルックナーの音楽は揺るぎなくすばらしい.
    ともあれチェリは画像付きの方が圧倒的に楽しめますね.画質に文句言いたい気持ちもわかるがこれだけチェリの演奏が堪能できるので個人的には満足です.

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/30

    録音嫌いといわれたがデッカ録音だけでもこれだけ残っているのがありがたい.DVDは同内容の別売品もあり,大変なお買い得セットだ.精神的,内面的な音楽を愛するすべてのひとに強くおすすめする.

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/30

    宇野功芳風にいうと魂を遠い国に連れ去ってくれるピアニストはそう多くない.カーゾンは私にとってその一人.よくぞ映像が残っていたものだ.しかもシューマン,ブラームス,シューベルトの演奏とは!演奏者の表情からも曲への強い共感がうかがえる.ケンプのDVDとともにピアニストの演奏動画では強くオススメしたい1枚.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/04/13

    とにかく(意外なことに?)サヴァリッシュの指揮がノリノリだ.もちろん豪華歌手陣も期待に違わないでき.録音もモノラルながら鮮明.いうことなし.大変な名盤だと思う.

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/11/21

    デラーコンソートのバンガードへの膨大な録音を網羅したシリーズの第5巻.おそらく1950年代後半から1960年頃の録音と思われるが非常に鮮明な録音だ(CD2のみモノラル).演奏もデラーの絶頂期にふさわしい輝かしさ.古楽ファンには絶対オススメ.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/27

    ギーゼキングの死の年(1956年)の6月,アルハンブラ宮殿の中庭で行われたコンサートの記録でおそらく初出音源.拍手はカットされている.疑似ステ処理がされているようだが意外と効果的で違和感はない.ギーゼキングはやはりライブが良い.EMIのスタジオ録音よりはるかにノリノリの演奏で彼のドビュッシー演奏がいかに伝説的であったかがよくわかる.強音でひずむ録音も気にならないほどだ.彼のファンには絶対のオススメ.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    作品番号のついていない曲まで網羅した貴重な作品集.特にウェーベルンらの作品を集めた2枚目が良い.ところで右チャンネル優位に終止グジュグジュというきわめて耳障りなバックグラウンドノイズがはいっている.明らかに録音時またはマスタリング時に電気的に混入したノイズのようだ.曲が曲だけに鑑賞の妨げになること著しい.デジタル録音初期のハードウエアの不具合なんでしょうけど一言あってしかるべきではべきでは?>コロンビアさん.

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    演奏は粒ぞろいだが一部録音が今ひとつなのが惜しい.ところでピアノ四重奏曲の録音ですがバイオリンが右側からチェロが左側から聞こえてくるんですがこれってマスタリングのマチガイでしょうか?

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    演奏も録音もとても良い.が,わたしの持っている盤では一部(ブランデン全曲とチェンバロ協奏曲の一部ほか)がモノラルマスターのようである.録音年代からしてステレオマスターのハズだが,ハテ?

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    昔NHKでも放映されたテレビ收録のサウンドトラックなんですが,
    何でDVDでださないんですかね?>>SONYさん
    演奏はとてもいい(LPで昔聞いた)だけに画像も見たい.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/14

    クロスリーとのフォーレが大変な名演だと思う.
    ソリストクラスの伴奏だとグリュミオーも別人の様な熱演を見せるようだ.
    音もよいしお買い得盤.

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:13件中1件から13件まで表示