トップ > My ページ > ようたん さんのレビュー一覧

ようたん さんのレビュー一覧 

検索結果:489件中376件から390件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     洋楽を聞いている方には説明不要な位の「Immigrant song(移民の歌)」が収録されたアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

    参加メンバー
     Jimmy Smith、George Coleman、Lou Donaldson、Tina Brooks、Curtis Fuller、Lee Morgan、Art Blakey、Donald Bailey、Eddie McFadden、Kenny Burrell

    演奏曲目
     「What is this thing called love」、「Confirmation」、「Cherokee」、「Little girl blue」

     オルガン主体のアルバムです。
     悪くはありませんが、「Confirmation」、「Cherokee」はCharlie Parkerが演奏していた楽曲であり本アルバムに結構なメンバーが参加しているにもかかわらず意外に記憶に残らないアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     「Joe’s bolero」は聞き所だと個人的には思います。
     派手さやフリー・ジャズはありません。ワン・ホーン・カルテットにもかかわらずピアノ・トリオ+1アルバムと言った印象です。大人しい演奏ではあるものの派手さを求めない方にはアルバム全編、通して聞けるアルバムではないでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     アップ・テンポ、スロー・テンポ交互に曲を配置されたアルバムです。
     Junior Cook、Chick Coreaの大幅の功労があり、この2人のファンが手を出すアルバムではないでしょうか?私はアルバム・ジャケットを見て1度は聞いてみたいなとは思いましたが、Junior Cookが好きでJunior Cookの演奏ありきで聞くアルバムだなと思いました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     「Trampled under foot」、「Boogie with stu」が特に好きです。「Boogie with stu」が収録されていなかったら個人的には購入しませんでした。
     私はロックが専門では無いので、よく分かりませんが、所々、カントリー曲?と思ってしまいました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     Miles Davis(マイルス・デイビス)のトランペットのスタンダードなジャズでハードな演奏の「Ah‐leu‐cha」、「Two bass hit」が収録されたアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     聞き所は「Bagpipe blues」、「Chim chim cheree」です。お勧め曲はバグパイプの演奏が入っていますがバグパイプの演奏が入っている曲はアルバム全曲ではありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     Lee Konitzのアルバムの中では聞き易いアルバムでLee Konitzを聞き始めるなら本アルバムを薦めますが、特別、良いと言う訳でも無く不可でも無くと言った所でしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     ローランド・カークのアルバムの中では有名なアルバムですが、好き嫌いのはっきりするアルバム2枚です。私は「Bright moments song」でローランド・カークに、はまりました。演奏はファンキーな「フリージャズ+フュージョン」と言った所でしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     トンボ全種の写真は掲載されている訳でも写真が大きく掲載されている訳でも無いので要注意ですが、写真が多く掲載されている点は良いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     横からの姿の(横見)写真、上からの姿の(上見)設計図、データが掲載されています。
     写真は白黒で小さいですが、小さい割りには姿が分かり易かったです。艦船の同型の明記も良かったです。本価額が安い。
     写真、設計図が小さいので、大きな本で再発売を希望します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     「Fuego(フュエゴ)」の暑苦しいハードな演奏にノック・ダウンさせられるドナルド・バードのトランペットのアルバム1枚です。お薦めします。「聞かないと損をします」と言って良い位のアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     「Recado Bossa Nova」が聞き所です。
     ジャズ・ボサノヴァのアルバムですがアルバム全体、ボサノヴァっぽく仕上がっていてアルバム1枚、通して、流して聞くのも良いかと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     『The Koln concert(ザ・ケルン・コンサート)』(ECM)やフリー・ジャズの『Death and the flower(生と死の幻想)』(Impulse)と言ったアルバムの名盤があっても個人的には真っ先にバラード曲「My back pages(マイ・バック・ペイジ)」が収録されたキース・ジャレットのピアノ・トリオの本アルバム1枚をお薦めします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

     「Take five」があまりにも有名過ぎて何処かで聞いた事があるのではないでしょうか?変拍子なので特殊な楽曲と言えます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:489件中376件から390件まで表示