トップ > My ページ > ようたん さんのレビュー一覧

ようたん さんのレビュー一覧 

検索結果:489件中406件から420件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

     Wayne Shorterのアルバムの中では聞き易い、入り易いアルバムです。マニア盤で初心者向きのアルバムでは無い様に思いますが突飛なアルバムでもありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

     フラメンコ・ジャズを彷彿とさせる演奏の「Malaguena」、「Basra」に加えて、Lee Mogan(氏)を連想させる様なミドルテンポの演奏の「Candu」がお薦めです。dsのアルバムの中で紹介出来る数少ないアルバムの1つです。
     有名なJoe Hendersonが参加しています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

     名盤です。ソニー・クラークのピアノのハードな演奏が収録されたアルバム1枚です。お薦めします。ソニー・クラークのアルバムは本アルバムを1番に、2番目に『Sonny′s crib』(Blue mote)を薦めます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

     収録曲「True blue(トゥルー・ブルー)」を無くして、このアルバムを手元に残していなかったと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

     ポール・チェンバースのベースのメロディアスな演奏の「Omicron(オミクロン)」が収録されたアルバム1枚です。お薦めします。ジャズを聞いて、このアルバムを聞かないなんて損しているとしか言い様がありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

     スティーヴ・キューンのピアノと共鳴する様にベースとドラムが鳴り響く出だしの演奏の、印象の強い「Land of living dead(ランド・オブ・ザ・リヴィング・デッド)」が収録されたピアノ・トリオのアルバム1枚です。お薦めします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

     「You’d be so nice to come home to(ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ)」、この曲の為にある様なアルバムだと個人的に思っていますが、名曲名演の「No problem(危険な関係のブルース)」が収録されているので興味のある方はどうぞ。ヨーロッパ・ジャズです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/22

     AKB48、SKE48、HKT48、STU48、NGT48メンバーの猫が掲載されています。結構、黒猫比率が高かったので個人的にはニンマリしています。今は亡き猫もいます。
     次回、坂道46(乃木坂46、欅坂46、けやき坂46)グループの猫掲載はあるのか無いのか?
     白猫特集があっても少し見てみたい気もしますが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/16

    聞き所は

     「Blue bossa」
     「Homestretch」

    です。
    全体的に聞かせるタイプのアルバムです。
     内容はLPとライナーノーツ(解説)です。LPが割れない様、立体段ボール紙に収納されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/12

     一癖も二癖もあるミュージシャンですが個人的には

      「Bright moments song」Rahsaan Roland Kirk(氏)『Bright Moments』(Atlantic)
      「March on,swan lake」Rahsaan Roland Kirk(氏)『Gifts & Messages』(Mercury)
      「The Monkey thing」Rahsaan Roland Kirk(氏)『Kirk in Copenhagen』(Mercury)

    の3枚3曲をまずお勧めしていますが、本アルバムを聞いて損しないと個人的には思っています。
     内容はLPとライナーノーツ(解説)です。LPが割れない様、立体段ボール紙に収納されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/12

     デクスター・ゴードンのテナー・サックスが「Cheese cake(チーズ・ケイク)」で鳴り響く快作のアルバム1枚です。デクスター・ゴードンのアルバムを聞くのなら、このアルバムから聞き始める事をお勧めします。
     内容はLPとライナーノーツ(解説)です。LPが割れない様、立体段ボール紙に収納されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/12

     Art Blakeyは本アルバムから聞く人が多いです。ハードな演奏の「Moanin’」がArt Blakeyの代表曲です。Art Blakeyを聞き始めるのは個人的にはArt Blakey『A night in Tunisia(チュニジアの夜)』(Blue Note)[アルバム・ジャケットが文字だけのアルバムです]の方をお勧めします。
     内容はLPとライナーノーツ(解説)です。LPが割れない様、立体段ボール紙に収納されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/12

     暗いアルバムですが「バードランドの子守唄」をよく聞きました。有名なジャズ・ミュージシャンが演奏に参加している事を思えば、その分、楽しめると思います。
     内容はLPとライナーノーツ(解説)です。LPが割れない様、立体段ボール紙に収納されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/12

     独り歩きしている位、有名な曲「Take five(テイク・ファイヴ)」が収録されているアルバム1枚です。この曲は変拍子なので、ジャズの曲の中でも変わった楽曲ですが、押さえておいて間違いは無いでしょう。
     内容はLPとライナーノーツ(解説)です。LPが割れない様、立体段ボール紙に収納されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/12

     ビリー・ホリデイ(氏)の歌声と曲調は重たくて暗過ぎるので万人に勧められませんが「恋は愚かというけれど(I’m a fool to want you)」はグッと来ると思います。
     内容はLPとライナーノーツ(解説)です。LPが割れない様、立体段ボール紙に収納されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:489件中406件から420件まで表示