トップ > My ページ > せごびあ さんのレビュー一覧

せごびあ さんのレビュー一覧 

検索結果:1023件中991件から1005件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    すばらしい。segoviaに通じる演奏の心がある。現代では下手な部類であろうが、「スポーツ競争」ではない「音楽」であることを改めて認識させる演奏で、若いギター好きにこそ聴いて感じてもらいたい演奏である。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    彼こそ、次代を担う演奏家の筆頭であることが理解できる作品集。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    比較的優しさが出ているのであるが、思ったほどではなかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    オペラライブは幕間拍手などで小休止でき聞きやすく、劇的演奏であることが多い。ここでもカラヤンの、管弦楽で見られる美しさとはまったく逆の側面である激しさ・力強さがみなぎり、カラヤンを知る上ではオペラライブ演奏は欠かせない。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    オペラライブ演奏は、幕間拍手などで、小休止き、聞きやすいうえ、劇的演奏であることが多く、これも、テンポは遅いほうだが、さほど不快に感じない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    現代でも十分受け入れられる演奏といえよう。演奏は果たして進化し得るのであろうか?と考えさせられる。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    古きよき時代の演奏といえよう。情報伝播が早い現代では、演奏オリジナリティが薄れていると感じざるを得ない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    ホロヴィッツの真の姿は何なのであろう。この商品時代である晩年の演奏こそが彼の本質ではないだろうか?ゼルキンの晩年演奏に通じるものがある。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    現代にこんな演奏をしたら、批判はなはだしいであろうが、非常な精神性を感じる。逆に言えば現代の演奏が薄っぺらということか?感動的な演奏である。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    レガートな演奏であるが非常に音楽的であり、新しいギターの世界を切り開いたと感じた。楽器も最近の演奏家では珍しく、フレドリッシュである点も好ましい。ピエッリ師事の影響か?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    レガートな演奏であるが非常に音楽的であり、新しいギターの世界を切り開いたと感じた。楽器も最近の演奏家では珍しく、フレドリッシュである点も好ましい。ピエッリ師事の影響か?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    レガートな演奏であるが非常に音楽的であり、新しいギターの世界を切り開いたと感じた。楽器も最近の演奏家では珍しく、フレドリッシュである点も好ましい。ピエッリ師事の影響か?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/30

    カラヤン全盛期の頃の演奏です。フルトヴェングラー、トスカニーニ、ワルター、クライバー、メンゲルベルク、クレンペラー・・・過去の巨匠の演奏スタイルを一新させています。1970年代に入ってからは、高度な芸術域にまで発展させています。その時代まで網羅されていたら、この上ない宝となったでしょう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/29

    カラヤンが嫌いというを人を私は信じられません。カラヤンこそ、20世紀最大の指揮者といえるでしょう。フルトヴェングラー、トスカニーニがそうだ、といわれるし、そうとも思いますが、少々伝説的過ぎますし、二人のよさをあわせ持ったのがカラヤンだと思います。その良さを知るのには1950年代半ばから1970年代初頭までを第一に聴くのが良いでしょう。いきなり晩年を聴いても、彼のよさを理解しづらいのではないでしょうか。その年代を知って、その前後年代を聴くことで彼の偉大さがわかると思います。さてこの商品。特に価値があるのは今では入手困難な彼のオペラ作品が多いこと。演奏会と、オペラの両輪が出来て初めて演奏芸術が完成されると考えていたことがとてもよくわかる第一集と二週です。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/29

    とても感動しました。声は最もすぐれた楽器といわれますが、それがとてもよくわかるものでした。森麻季さんに歌われた「花は咲く」で、多くの人が慰めを得、勇気とは少し違う「一歩踏み出してみよう」という気持ちにさせられるのではないでしょうか?また、森麻季さんの歌とのかかわり方はとても積極的なもので、それがまた、大変な感動につながっています。ぜひぜひ皆さんにも聴いていただきたい作品でした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:1023件中991件から1005件まで表示