トップ > My ページ > ハッチ さんのレビュー一覧

ハッチ さんのレビュー一覧 

検索結果:191件中61件から75件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    ザンデルリングファンにとってはたまらないラフマニノフ。
    私の隠れた宝物。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    カルミナ・ブラーナの代表作。
    20世紀最大の宗教曲。
    厳粛でとても恰好良い音楽に飲み込まれる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    クナのワーグナーは最高。
    ワーグナーの超大作リングを極めるまで40年かかった。
    今リングにハマっている。
    ショルティでワーグナーに目覚めたが、
    バイロイトの申し子はやはりクナに尽きる。
    ステレオ録音であったならと思うのは私だけではないだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    ブラームスの1番ファンにとってはその演奏は神がかり的で、
    美しく、ブラームスのこの曲にかけた思いがすべてこもっている。
    交響曲の中の交響曲がブラームスの1番。
    マラ8と並び私の交響曲の双璧。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    8番千人の交響曲はベスト盤。
    私の最後の晩餐として人生最後に聴きたい
    天使に会える曲。
    逆境にあえぐとき、こころが折れたとき
    この曲によってどれだけ救われたか。
    マーラーの8番だけで40種類以上のアルバムを持っているが、
    ベストがクーベリック盤。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    ブラームスのシンフォニーは4曲とも魅力の宝庫だが、
    バルビローリとウィーンフィルの名盤は永久保存版。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    マーラーの全集はグラモフォン晩年のバーンスタインに尽きる。
    私は8番のコレクターだか、
    マーラーのシンフォニーは
    8番、大地、9番そしてヴィスコンティの5番に尽きる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    ショルティでワーグナーとマーラーにハマった。
    長らく「ニーベルングの指輪」は鬼門であったが、
    還暦を前にようやくリングに辿り着いた。
    ワーグナーの音楽は魔法、陶酔の音楽。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    究極、ショパンはルービンシュタインがあればそれで良い。
    繊細なショパンを表現できるのはやはり繊細な男性なのだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    シベリウスの名曲。
    私にとっての3大ヴァイオリン協奏曲。
    他はチャイコとブラームス。
    どうしても濃厚かつ華やかなコンチェルトを求めてしまう。
    濃厚に関してはブラームスと並ぶ大きなヴァイオリン協奏曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    マーラーの9番はベルリンフィルの2枚のアルバムが双璧だが、
    バーンスタイン盤かカラヤン盤かは意見が分かれる。
    同じオケでもバーンスタインの自然体と
    カラヤンの格調高さは以て異なる。
    カラヤンはマーラーについて全曲録音していないので、
    もう少しマーラーの演奏が聴きたかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    子供の頃から子守歌代わりに聞かされていたのが「カルメン」。
    カラヤン、セガンとクライバーの映像作品を持っているが、
    やはり「カルメン」と言えばクライバー盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    ワルターとクレンペラーはマーラーの愛弟子ということで何かと比較されるが、クレンペラーの大地の歌はマーラーの楽曲の中でも最高!!
    2番と4番の演奏に関してもマーラーの作品中5本の指に入る名演。
    クレンペラーに関しては安心して聴ける巨匠。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    R.コルサコフの曲で一番「幸福感」を感ずる名曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/20

    若き日のカラヤンのグラモフォン60年代BOX。
    円熟のカラヤンも良いが、
    やはり60年代のカラヤンが一番良かったかも。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:191件中61件から75件まで表示