トップ > My ページ > 小笠 さんのレビュー一覧

小笠 さんのレビュー一覧 

検索結果:211件中61件から75件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/12

    僕のドラえもん体験の原点。これとポコニャン、キテレツ大百科の単行本で育ったと言っても過言ではない。F先生にとっても転換点とも言える、のび太の恐竜短編ver.が入ってるのも味わい深い。鉄板のジャイアンの歌ネタと言い、「ドラえもん」のすべてが詰まった巻。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/12

    古い作品の壁紙で新年会やわすれろ草が、非常に悪い原稿状態のまま収録されている。現代の版では直っているのだろうか?どの話も超絶面白いだけに、本巻では気になってしまう自分がいる。桃太郎の話もさすがF先生!!という感じだけど、一時期はバケルくん非常にレアでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/12

    だんだん絵柄も洗練されてきて、おなじみのドラえもん、という感じになりました。オレンジバックだった頃の大山ドラアニメ版もそうですが、テンポが良いですよね。ライター芝居のやり取りは絶品!!今でも時折単行本を取り出しては笑います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/12

    帰ってきたドラえもんは素晴らしいんだけどね…短い話と絵が雑な?話が混ざっており昔はあまり好きな巻ではなかったのを思い出しました。毎月のこづかいを握りしめてドラえもんを買っていた小学生の自分…漫画って良いなあ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    4巻は素晴らしいなあ。「海底ハイキング」と「未来世界の怪人」で、F先生のSF作家としての才能の一端を見たのはここからかもしれません。子供向けなのにまったく妥協してないよ。最初から最後まで、神、神、神。トドメのおばあちゃんで、涙。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    懐かしいの一言につきる。昭和の香りがプンプンする漫画なのは初期だから仕方ないのだが、それにしても時折片鱗を見せる藤子F先生のストーリーテラーとしての魅力よ…「さようなら」だけじゃなく、全てのお話を楽しんでくださいね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    表紙にはじめてドラミちゃんが登場(笑)この後しばらく登場しない時期もありますが、ここに収録された「地底の国探検」は名作です。そしておしまいは「ぞうとおじさん」!!のび郎おじさんのキャラがどういうわけか大好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    3巻は一度紛失してしまって、買い直した思い出がある。だから各話にも思い入れがあり、初期の巻では4巻とともに思い入れがとても深い。ペロ、生き返って!!、やうそつ機、スケジュール時計にミチビキエンゼルなど名作揃いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    懐かしい。表紙が正直野暮ったいとは20年前の自分でさえ思ったけど、楽しい漫画なことに変わりはない。「ぼくの生まれた日」は映画原作にもなりましたねえ〜。みんな覚えてますか?初期ドラえもんの魅力が詰まった、愛すべき2巻目。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/11

    いつの間にか定価が499円になっちゃったんだなあ。時代の変化を感じます。この1巻は小六の時に買って衝撃を受けました。あまりにも泥臭い絵柄だったのと現在のドラえもんのイメージと非常に違って見えたので…面白さは保証しますが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/01

    このシーズン4からはシャローナと入れ替わるようにジュリー・ティーガーちゃんが登場して、一挙にヒロイン的な役割を担うようになります。ディッシャーがロックバンドを作ったりして、事件のトリックの凄さだけではなく、人間ドラマとしても実に面白い展開に…!?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/01

    しこのシーズンでは、モンクの良き相談相手だったクローガー先生が亡くなってしまいます。脚本も以前のようなキレが見られなくなって完成度は落ちますが、役者の演技のレベルが高いので何度も鑑賞に堪えるレベルの作品だと思います。ジュリーちゃんかわいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/01

    コメディとして一番面白いのはこのシーズン3です。途中シャローナの降板劇とかもあってトラブル続きだったらしいですが、ドラマとしては完成されています。初期はシャーロック・ホームズのパロディ的な作品だったのがナタリーが来てから良い意味で進化していきます。必見!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/01

    結構「相棒」とか日本のドラマにパクられている作品だと思いますが。面白いです。シーズン5と6は脚本も俳優陣も油が乗りきっており最高です!!ナタリーの優しさ、そして前後編に分かれた最後の逃亡劇!!すべてが見所であり、笑って泣けます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/01

    本当はもっと続く予定だったらしいですが2009年のこのシーズンで終わりになったみたいです。相変わらず面白いのですが、若干以前のような「毒」は控えめになったかも?宇宙人目当てに田舎に人が集まる話が好きです。これぞ、モンク・ワールド。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:211件中61件から75件まで表示