トップ > My ページ > フォアグラ さんのレビュー一覧

フォアグラ さんのレビュー一覧 

検索結果:388件中136件から150件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/29

    才気煥発、変幻自在なカルロス・クライバーの魅力が満喫できるこの録音にどうしても満点をつけられないのは残念だ。それはマルシャリンを歌うクレア・ワトソンの不出来にある。ワトソンは既に声を失っており、それを声色と大げさな表現でカバーしようとするのだが、そこに気品はなく、マルシャリンというよりアンニーナに聴こえてしまう。周りが声が絶好調の人ばかりだし、オックスのリッダーブッシュがことさら道化を演じないのでワトソン一人悪目立ちすることになる。許氏の指摘するとおりで、それでもクライバーが聴ければよい人ならいいが、マルシャリンが駄目な「ばらの騎士」は私にはありえないし、総合点で父エーリヒ、クナッパーツブッシュ、ベーム、ショルティ(評判はよくないが、いいんですよ)に及ぶものではないと思う。これよりはるかに優れたカルロスの実演を聴けたことがどれほどの幸運だったかしみじみ思い起こされる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/28

    シューベルト3大歌曲集では「白鳥の歌」が一番好きだ。連作歌曲ではないし、そもそもシューベルトが編んだものでもなく、選曲、曲順に異論があるのも承知している。それでも、個々の曲の密度が圧倒的であり、心を揺さぶられる。曲順も出版のままがいい。ハイネで打ちのめされて終わるより、「鳩の便り」で希望が見えて終わってほしい。即興曲と同じく奇跡的な曲順だと思うのだ。一時は「冬の旅」ばかり出ていたが、ここにきて「白鳥の歌」の新譜が続くのは嬉しい。その第1弾としてゲンツを聴いたが、うーん。ソットヴォーチェで歌うというより語る。感情は吐露せず抑制に徹している。ダルベルトも同じ。私はシューベルトはプライのようにまず歌ってほしいし、感情が爆発する部分があってしかるべきと思うのだが。再度聴くと、抑制が曲のコアに迫っている部分もあることに気づき、一筋縄ではいかない表現ではあるが。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/23

    なんといういい音楽、いい演奏だろう。個人的には「アメリカ」よりずっといい曲だと思っているクインテットは、これが今後の代表盤になるだろう。さらに14番の溢れんばかりの歌心、親密なハーモニーの居心地よさ。この曲の魅力に目覚める人も多かろう。タカーチはデッカ時代も素晴らしかったが、ハイペリオンに移りメンバーチェンジをしてもその芸術性が少しも損なわれず、ベテラン・カルテットにありがちなアンサンブルの粗さを微塵もみせないのには最大級の賛辞を贈りたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/21

    レイ・コニフのCDはソニーのコレクタブルで数枚持っているが、このイギリスのELというレーベルの復刻は本家ソニーをはるかに凌いでいる。コレクタブルではハイ上がりでうるさい音なのが、ここでは重心が低くなり落ち着いた音で分離もよく、とても1958年録音とは思えない。ジャケット写真がコロンビアが当時原盤提供していたフィリップスのものなので、復刻にフィリップス盤を使ったのかもしれない。2枚分の収録だが、オリジナルが2枚組だそうで、レイ・コニフの自信作だったのだろう。後年のコーラスが前面に出たものよりバックでスキャットしているこの時代のもののほうが楽しめる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/02

    スタンフォードは交響曲で知られるようになり、その後歌曲、宗教音楽ときて最近室内楽も出るようになってきた。それでも弦楽四重奏曲は珍しい。実際これは世界初録音のようだし、8番は作曲されて50年たった1968年に初演された忘れられた作品のようだ。いずれも20世紀に入ってからの曲であり、時代遅れと判断されてきたのだろう。しかし聴けば、こんないい曲がどうして知られなかったんだろうと思うこと確実。スタンフォードはアイルランドのドヴォルザークと呼びたいような、メロディに溢れしかも熟練の作曲技法を持った人であり、ほんとに外れがないのだ。イギリスの(ヴィオラは日本人に交代している)ダンテ・カルテットも好演。インターミッションにヨアヒムのヴァイオリンとピアノの小品が置かれているのもしゃれている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/01

    サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲全集はありそうで実際手に入るものは非常に少ない。たしかにサン=サーンスは大作曲家ではないが職人としての腕は確かで作品に外れはない。1番も2番ももっと聴かれてよい曲だ。EMI唯一の全集がヘルシャーというのも意外だが、演奏は大変結構なものだ。来日時にナマも聴いたが、実力のわりに不遇な印象だったこのヴァイオリニストの代表盤といっていいだろう。デルヴォーの指揮も老練で見事だ。唯一の欠点は録音。EMIのアビーロード・スタジオ録音に名録音なし、はよく知られたことだが、当時まだあったキングズウェイで録音してほしかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/31

    現時点でマゼール最後の録音。誰もレビューを書いていないのが不思議だが、これは大変な名演奏だ。聴き終って、凄い演奏を聴いたという感想を持つことは近年めったにないことであり、実際これはカラヤン/ベルリン・フィル以来のものではなかろうか。演奏を貫くのは静謐な美しさだ。もちろん「ディエス・イレ」は凄まじい迫力だが(ここでのグランカッサの衝撃は過去最高だし、それを捕えた録音も素晴らしい)、それ以上に随所に深く美しい祈りの瞬間が現れる。同方向のアーノンクールなどに比べ、音楽の成熟度がまるで違う。フィルハーモニアとのマーラーを聴いて、マゼールは新しい次元に入ったとレビューに書いたが、このヴェルディを聴いてそれは確信に変わった。そしてマゼールの境地を聴ける機会は極めて短かった。ミュンヘン・フィルも自主レーベルを開始したが、ゲルギエフなんかはいらないからマゼール晩年の録音を出してもらいたい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/24

    ロンドンのオケというとレッグ時代のフィルハーモニアが最高だったといわれることが多いようだ。しかし私はこれが全く納得できない。その原因がオーボエ奏者(サトクリフだったかな)のニュアンスの乏しい演奏にある。当時のフィルハーモニアの木管陣はレッグが最高のメンバーを集めたと言われ、その評価が踏襲されているが、これはレッグやEMIの宣伝文句に乗っただけだと思うのだが、私のセンスがずれているのかな。さて、ヨッフムのブラームスである。ヨッフムについては言い尽くされているので敢えて触れない。それより、ここでのLPOの木管陣、特にオーボエの素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。ブラームスの黄昏感をこれほど見事に表した演奏はないといっていい。特に3番の第2楽章。同じロンドンの奏者で(時代は違うが)これほどまでに違うとは。このオーボエで不滅のブラームスになっていると私は思う。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/14

    ヒンデミットの弦楽四重奏曲全集は彼の作曲技法の変遷がよくわかるという点でも興味深いものだ。モロに後期ロマン派の1番、2番から表現主義の難曲3番を経て我々が良く知るヒンデミットの新古典主義的作風にいたる4番までたった6年。ヒンデミットに限らずこの時代の音楽状況の激変が伝わる。評価の低いアメリカ時代の6番、7番も十分面白い。録音は1995〜97年で、ジュリアードのロバート・マン時代の最後期にあたる。ときにマン75〜77歳。心配された技巧の衰えは殆ど感じないのは立派だが、心なしかアンサンブルは粗めに感じる。しかしそれがヒンデミットの音楽をドライに傾きすぎなくしており、聴きごたえのある演奏になっている。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/07/26

    プログラムは作品12-3から始まるが、この曲のこんないい演奏を聴いたことはないと思う。特にギレリスが素晴らしく陶酔しているうちに終わってしまう。「春」でもギレリスは絶好調。コーガンとの丁々発止の受け答えが見事だ。「クロイツェル」は鬼気迫る演奏で圧倒される。この二人にロストロポーヴィチを加えたトリオの録音はかなりあるが、コーガンとギレリスのデュオリサイタルの音源はこの1964年3月のものしかないらしく大変貴重だ。録音は鮮明だがハイ上がりでキンキンするのが残念。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/07/16

    「大地の歌」は交響曲か歌曲集か。近年交響曲と表記されないので、歌曲集よりに解釈されていると思うのだが、それならばまず歌手の出来が最優先されるべきだろう。ワルターのデッカ盤のようにいくらワルター/ウィーン・フィルが素晴らしくても歌手が駄目な演奏を高く評価するのはおかしい。このバーンスタイン2度目の「大地の歌」での2人の歌手は最上の一つ。若々しいコロのヤンチャな歌、ルートヴィヒの「告別」での格別の味わい、全く素晴らしい。バーンスタインの1回目でのキング、F=ディースカウをはるかに凌ぐ。かつてSQ4チャンネルで出たLPを持っていてイスラエル・フィルが随分粗く感じたのだがCDのリマスタリングで大改善、バーンスタイン入魂の唸り声とともに圧倒的な感銘を受ける。クレンペラーとともにベスト盤だと思うし、ジャケットのセンスも実にいい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/07/01

    ハイドンの作品20はあまり演奏される曲集ではないが、どれも魅力的。キアロスクーロはいつも通りノンビブラートでフレーズの中心を膨らます奏法をとっているのだが、私には古臭い印象を受けた。30年前のアーノンクールを聴いているような。イブラギモヴァはフレーズの処理に凝る割には曲自体に新鮮な風を送り込んでいるとはいえないように思える。作品20-5、6の終楽章はフーガ風な展開だが、もっと面白い音楽なんじゃないか。リズムが鈍い部分もあるのが気になった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/06/24

    ケンブリッジのチャペルに所属する合唱団としては、キングスカレッジのほうが知名度も評価も高いが、私はビクトリアもパレストリーナもこのゲスト&セントジョンズカレッジで知ったので強く愛着があり、ポツポツと集めていた。そこに思わぬボックスの登場。ゲストの録音で現在入手できるもの自体殆どなかっただけに朗報である。キングスカレッジのウィルコックスのおっとりとした指揮に比べるとゲストの指揮はシャープであり、今聴いても古さを感じない。ビクトリアのレクイエムにしても、タリス・スコラーズらの名演が出た後でも相変わらず屈指の演奏だと思うし、名曲「アベマリア」は現在現役盤がないだけに貴重でもある。ネヴィル・マリナー&ASMFの協力による演奏も多いが、ハイドンの7つのミサ曲に最上の成果がでている。トレブルによる技術的弱点は殆ど感じない。フランス物もとても良く、フォーレのレクイエムはコルボ/ベルン、フレモー/モンテカルロと並ぶ最高の演奏だと思う。聴いていて涙がぽろぽろ出てくる。録音もケネス・ウィルキンソンを中心としたデッカのベストスタッフによるもので悪かろうはずもない。最後の1枚のみASV原盤。合唱ファンには掛け値なしにお勧めする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/06/22

    ヒンデミット好きとしては最近新譜が続いているのは嬉しい限り。やっとこの作曲家の面白さが理解されてきたのかな。このクラリネット協奏曲も職人的な腕の冴えを見せた作品でシニカルな中にもウィットのある佳作だ。演奏も優れている。ファノーステュイスはブリュッセル・フィルの首席だそうだが、安定した技巧と美しい音色で十全の演奏。指揮のロサレスはエル・システマから出てきた人でシモン・ボリバル・ユース響の音楽監督を務める俊英であり、ドライに演奏されがちなヒンデミットから精妙で潤いのある音楽を引き出している。ソロと木管陣が協奏交響曲的に展開する部分ではセントラル愛知響の木管が好演している。ヴァン・デル・ローストの協奏曲も肩のこらない楽しい秀作。ここでのファノーステュイスの妖精のように飛び回るクラリネットも聴きものだ。録音良好。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/06/22

    シュミットといえば、第4交響曲と「七つの封印の書」が有名だが、メロディー・センスのない人だけに深刻な曲想の作品は正直かったるい。その点この第2交響曲は明るい曲調であり、メロディーが明確でなくてもはるかに聴きやすい。といってもかなり錯綜しているが。こういったロマン派終末期の爛熟した曲を振るなら、現在ビシュコフほど適任の人はいないのではないか。ティーレマンならもう少し骨ばったものになるだろうしパーヴォ・ヤルヴィならスリムになりすぎるかもしれないが、ビシュコフはウィーン・フィルの機能を最大限に活かし濃厚かつ分かりやすい演奏を実現している。ムジークフェラインでのセッション録音の割には音がもう一つなのが惜しいが、後期ロマン派ファンにはお勧めしたいし、今指揮者として絶頂期を迎えているビシュコフの録音の継続も期待したい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:388件中136件から150件まで表示