トップ > My ページ > sunny231 さんのレビュー一覧

sunny231 さんのレビュー一覧 

検索結果:4件中1件から4件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/03/05

    あまりにも有名なCDですので、いまさら演奏について云々するのは差し控え、このプラチナSHM盤を通常盤と聴き比べての感想を書いてみたいと思います。通常盤は1985年・国内製造のものです。聴き比べてまず感じたことは、かなり音が違うということで、からっとして明快な通常盤に比べてプラチナSHM盤は高音と低音がやや抑えられた地味な音で、一瞬「通常盤の方がいいのでは?」と思ったほどです。しかし少し聴き込んでいるとプラチナSHMのすごいところがわかってきました。音像が立体的で実在感がある。楽器の間の奥行がある。・・今回の比較で通常盤では決して再現できない情報が引き出されていることに感心してしまいました。サキソフォン・コロッサスに関してどの程度の種類の音源があるかは不勉強でわかりませんが、もしこれが同じ音源だったとするとプラチナSHMの特徴がたいへんよく発揮された一枚だと言えそうです。プラチナSHMはこれが3枚目ですが、本当に音の良いものに出会うとなんだか得したような気分になります。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/01/23

    これは1977年と80年に彼女が来日した際に、国内のスタジオで録音された2枚のLPを1枚のCDにまとめたものということです。CD中最後の曲はマスターテープが損傷したために、現存するLPから起こしたものという点がたいへん興味深いものです。解説にもあるように曲はすべてダイレクトカッティングによるもので、曲によってスタジオ内の残響を変えてあることがよくわかり、高音質であることを含めて全体としてかなりの力作であることは間違いないでしょう。しかしすべてが完璧かというとそうではなく、音が整いすぎて面白みが少ない、ダイレクトカッティングを意識して歌手とプレーヤーが固くなっているという印象を受けます。反面、LPから起こしたという最後の曲は音はややアバウトですが、ジャズらしい雰囲気が出ているので、当時のLPの水準の高さを知ることができるように思われます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/12/21

    はっきり言って今回の購入はがっかりでした。通常SHMのステレオ版をこれまでに何十回も聴いて、演奏と録音の良さに感動していたのですが、今回購入したプラチナSHM版はモノラルで、音質も従来のものよりも劣っているので、異なる音源を用いているのではと思いました。プラチナSHMの良さを追求するためには従来のステレオ版音源を使うべきでしたね。小生、モノラルが良くないとは思っておらず、優れた録音がたくさんあることも承知していますが、このアートペッパーに関しては演奏者に対して気の毒な結果だったのでは?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/11/11

    ビルエバンスのCDはこれが3枚目ですが、ライブ録音だということを知らずに聴いたため、誰かが部屋の中で実際に話しているという錯覚を覚えてドキッとしてしまいました。つまり、そのくらいリアルな音で、これがプラチナSHMの効果か?と思いたいのですが、ピアノの音は強音部で飽和気味なので元の録音の特徴かと思える部分もあります。プラチナSHMについてはオーディオ的な面で大変興味がありますから、通常版CDと聴き比べてみたいものです。音のことが先行してしまいましたが、どの曲もピアノとベースの緊張感あふれる絡み合いが素晴らしいですね。特にベースの音は深み、切れ、余韻などの点で個人的には最高点を入れたいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示