トップ > My ページ > せごびあ さんのレビュー一覧

せごびあ さんのレビュー一覧 

検索結果:1029件中991件から1005件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/27

    クライバーの過激で歌う特長が如実に現れてる、この曲のもっとも人気のある演奏。スピードも速いので、この演奏から聞き始めてしまうと、ほかのずべてが極度の遅く感じてしますほど。フルトヴェングラーなどは、耳だけではなかなか理解できない。クーベリック、ヨッフムもよい演奏であるので、それから聴き始め、マタチッチと来て、最後にクライバーと経験してゆくと、感激度合いはもっとも高まるかも知れない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    もう1set、購入しておけばよかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    美しい歌声である。が、もっと美しく歌えるであろう。そういう意味で、カラヤンがいかに共演者のよさを最大限まで引き出すことのできる演奏家であったかが、逆によくわかる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    4つの最後の歌。カラヤンの名演が偉大すぎるが、ショルティも、またよし!である。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    名前しか聞いたことのない存在であったが、聞いてみてびっくり。すばらしい!なぜあまり取り上げられないのかが不思議でならない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    これはすばらしい。バッハでは特徴的過ぎることを嫌う人がいるならば、この盤はグールドの違った一面を知ることができると思う。夜に聞くと、なおしみいる名演である。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    すばらしい。segoviaに通じる演奏の心がある。現代では下手な部類であろうが、「スポーツ競争」ではない「音楽」であることを改めて認識させる演奏で、若いギター好きにこそ聴いて感じてもらいたい演奏である。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    彼こそ、次代を担う演奏家の筆頭であることが理解できる作品集。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    比較的優しさが出ているのであるが、思ったほどではなかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    オペラライブは幕間拍手などで小休止でき聞きやすく、劇的演奏であることが多い。ここでもカラヤンの、管弦楽で見られる美しさとはまったく逆の側面である激しさ・力強さがみなぎり、カラヤンを知る上ではオペラライブ演奏は欠かせない。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    オペラライブ演奏は、幕間拍手などで、小休止き、聞きやすいうえ、劇的演奏であることが多く、これも、テンポは遅いほうだが、さほど不快に感じない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    現代でも十分受け入れられる演奏といえよう。演奏は果たして進化し得るのであろうか?と考えさせられる。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    古きよき時代の演奏といえよう。情報伝播が早い現代では、演奏オリジナリティが薄れていると感じざるを得ない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    ホロヴィッツの真の姿は何なのであろう。この商品時代である晩年の演奏こそが彼の本質ではないだろうか?ゼルキンの晩年演奏に通じるものがある。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:1029件中991件から1005件まで表示