トップ > My ページ > おっさん さんのレビュー一覧

おっさん さんのレビュー一覧 

検索結果:21件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/11/13

    特に、2、3楽章はCDを聞いているというより、演奏会場で聞いているという錯覚を起こすくらい素晴らしいです。DGのCD、SHM−CD、エソテリックのSACDでは、考えられなかったです。素晴らしすぎるの一言。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/11/13

    感激の一言。今日まで名盤と言われ、DGのCD、SHM−CD、エソテリックのSACDを何回も聞きましたが、劣悪な音質?が原因で、一楽章を聞き終えるのも苦痛でした。今回の復刻版を聞いて、初めてこの名盤の良さが分かりました。完璧なアンサンブル、スコアが目に浮かぶような洗練された演奏、目から鱗が落ちるとはこの事でしょう。全く素晴らしいです。平林氏にも感謝です。4番も購入しましたが、早く聞きたいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/10

    ここ近年まれにみる素晴らしいブラームス。スケール感、重厚感満点。少し渋めのブラームスだが、それが故説得力がある。是非ともチクルスで録音して欲しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/01/23

    CD-R時代よりよく聞き込んでいたアルバム。新世界は、弦のボーイングの動きが目に浮かぶような超激名演。テンポ設定も速めではありますが、それ以上にあっという間に時間が過ぎてしまいます。これほど、音楽を音楽化させ得る指揮者もなかなかいないでしょう。常に予定調和ではなく、何回聞いても次に何が起きるんだろうかという感覚を持たせてくれます。本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/25

    ドヴォ7が聞いてみたくなってそれとなく手にしたディスク。これが意外と良かったのだ。ノイマンの端正さとは対照的であくまで自然体でのアプローチ。音楽が流されすぎという感も無きにもあらず、それでも熱さありのなかなかの熱演。ノイマン時代とは一味違ったチェコフィルを垣間見る事が出来ました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/20

    素晴らしすぎるの一言。ブル8のベスト3に入るのは間違いない!!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/15

    こんな世界が成り立つんですね。プロとは何かつくずく考えさせられます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/07

    クリスタルガラスのようなブルックナー。ほぼ同時期進行のヤングのブルックナーとは全く対照。男女性別の本質も表したような対照ですが、ズヴェーデンのブルックナーは、本当に美しいです。恐らくズヴェーデン自身も、大変繊細な方なんでしょう。特に弦は聞き物です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/07

    ハイティンクとの再録も素晴らしいですが、熱さではこちらの方が一歩上手かな。この録音を聞くと、ハイティンクとの再録盤には無い、熱さを感じます。確かに、ハイティンクとの再録は、完璧なんですが、この録音を聞くと何か物足りなさを感じます。それが、熱さなのかなあと思っています。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/31

    マーツァル&チェコフィルのベストコンビがこの曲の良さを教えてくれました。本当に品のある演奏です。本当に素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/27

    運命を聞いて度肝を抜かれた。こんな運命今時だれが聞かしてくれるだろうか。スケールが大きく、しかも熱い。。クライバーとは全く対極となる演奏様式だが、演奏自体の評価も対極となり得ると思う。マエストロ朝比奈&ベルリンフィルのベートーヴェンを本当に聞きたかった。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/06

    私も、読売日響の同曲を持っていますが、明らかに完成度としては、こちらの方が上。読売日響は、軽さを感じられたが、こちらはライヴなのに日本のオケとは思えない程重厚で完成度が高い。是非ともSACDにしていただきたかったです。このコンビでの全集を望みます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/22

    世間での評判が高かったので、思い切ってダイレクトカット盤まで購入しました。聞いた結果は残念としか言いようがありません。マエストロコバケンとチェコフィルのディスクの殆どが、残響が多く、しかも、特に強奏部分で、ノンマルカートな事が多く、音の立体感を失ってしまう。残響が無ければ、少しは違っていたかもしれません。確かに、旋律を歌わせるのは上手いと思いますが、強奏部分で音の立体感無くなってしまう為、全体的に薄っぺらい演奏に感じてしまうので私だけでしょうか。大変残念です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/17

    マエストロコバケン&チェコフィルの記録の中では、かなり成功したディスクだと思います。バイロンの劇詩も良く表現されていると思います。チャイ5のような変な、残響、ノンマルカートな強奏も無く、チェコフィル独特の美しい音色も十二分に出し切ったこの曲のベストワンとも言えるでしょう。ただ、価格が高いですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/03

    コバケン&チェコフィルのCDは、本当に完成度が高いのかといつも思ってしまいます。ひとつは、残響が余りにも多く、チェコフィルが持っている本来の音色が打ち消されている事。もうひとつは、金管特にトランペットの強奏部分が、ノンマルカートになってしまっている為、音の立体感が無くなってしまう事。(チャイ5、我が祖国もしかり)。コバケンと他のオケで録音したCDについては、それがそんなに目立たない為余計残念です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:21件中1件から15件まで表示