トップ > My ページ > さまざん さんのレビュー一覧

さまざん さんのレビュー一覧 

検索結果:135件中91件から105件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/01

    キンキのアルバムを聴くのはかれこれK album以来です。自分もキンキのお二人もお互いにだいぶ大人になりましたが、歌は相変わらずお洒落でキラキラしていて最後まで引き込まれました。
    作家陣も豪華で、この人の曲をキンキが歌うとこうなるんだなと新鮮な発見があります。しばらく離れていた自分みたいなリスナーでもとても楽しめるアルバムでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/01

    オリコンチャートで上位にいたから気になって買ってみたのが本作です。すとぷりなるユニットを知ったのはこれを買った後でした。恋愛の歌や応援歌、心の闇を描いた歌などがキラキラしたポップソングやロックにのせて歌われます。歌声はキャラクターに合った可愛らしいもので、自分の世代だとCASCADEが思い出されました。年齢を重ねるにつれ音楽の好みも固まってしまいがちなので、このような世代も感覚も違う音楽に触れられて良かったと思っています。実際、結構楽しめました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/01

    私は楽器が弾けないので詳しいことはわかりませんが、どの曲も相当難しいんだろうなという印象を受けました。曲の構成を覚えるだけでも大変そうです。これだけ上手い人達が集まっているわけなので聴きごたえがあり、当然良いです。また改めて椎名林檎さんの歌詞にじっくり目を通しながら聴いてみると、ボキャブラリーが非常に豊富でこれほど難解な歌詞をよく次々書けるなと感心しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/01

    夜に聴きたいアルバムだなと思いました。幻想的で美しく、歌詞は切ないものが多いです。可愛らしい歌声かと思えば張りつめたような歌声に変わったり、多彩で魅力的な声です。一番好きな曲は「ニュー香港」で、ピコピコしたサウンドに流れるようなメロディーが耳に気持ちいい一曲です。吉澤嘉代子さんで他に持ってるのはシングルCD2枚だけなので、他のアルバムも聴いてみたくなりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/01

    プライマルをカラオケで良く歌う自分としては、とても難易度の高い曲が多いなあと感じました。「疑問符」と「いつも手をふり」は比較的歌いやすそうですが、「疑問符」はほとんど裏声で歌われてるしやはり難しそうです。田島さんはレベルの高いことに挑戦されていて、求道的な方なんだろうなと想像します。激しめの「逆行」で終わるのも、「逆へ行け」「この流れに逆らえ」という歌詞を実行しているようでクールです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/30

    歌唱・作曲は浜田省吾さんですが、作詞が春嵐さん、アレンジが水谷公生さんということで、普段の浜田省吾さんの作品とは雰囲気が異なります。全体的に穏やかでピースフルな感じがします。ジャケットでも表現されているように大自然を感じることもできます。聴いてるとコレはコレで良いなあと思いました。浜田省吾さんの歌声は衰え知らずで感心します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/30

    小椋佳さんのアルバムは初めて聴きました。ラストアルバムだけあって、「最後」を意識した歌が多く見受けられます。また老いをテーマにした歌も多く、「俺は本当に生きてるだろうか」なんかは物悲しいんだけどクスッと笑ってしまう歌詞でした。曲の途中で笑い声が挟まれてたり、「もういいかい」の子供たちの「まあだだよ」というセリフなど、小椋佳さんは結構ユーモラスな人なのかも知れないと思いました。今まで聴いてこなくてこんなこと書くのもなんですが、辞められるのはもったいない気もしました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/30

    前作・前々作は情熱的な熱いアルバムでしたが、今作は楽園やひまわりなど爽やかな曲が目立っています。とはいえ、ノッてけテケテケ’99は前作のノリだし、Miss Lonelyなんかは和風で幻想的だったり、バラエティに富んでいます。歌詞は切ないものも多く、ハワイやグアムに傷心旅行に出かけてるような趣きもあります。TUBEの中では大ヒットとまではいかなかったアルバムですが、私は結構好きでたまに取り出して聴いています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/30

    私みたいなライトリスナーにとって知ってる曲は5曲ぐらいしかありませんが、それ以外の曲も玉置浩二さんならではの深みのある楽曲ばかりで楽しめます。先日の紅白ではオーケストラを従えて豪華な田園を聴かせて頂きましたが、このライブ盤はもっとシンプルで素朴なアレンジが魅力的です。こう言うと嘘みたいですが、旭川の空気が感じられるようです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/25

    3巻読み終えるのに2ヶ月ぐらいかかりました。終始苦難に悩まされるラスコーリニコフですが、最後に少しだけ希望の光が見えてホッとしました。これによってまだ若いラスコーリニコフの未来が明るくなることを願ってやみません。自分も犯罪こそ犯さないまでも、彼のように自分が正しくて周りが間違っているといったイライラした感情に苛まれることは時折あったりするので、幸せになって欲しいなと願いながら読んでいました。巻末の読書ガイドを読むと、本編を読むだけじゃわからない様々な背景が隠れているようで、やはり名著は一筋縄じゃいかないなと感心しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/24

    主人公みつみはなんて心が磨かれている人なんだろうと感心します。
    恋愛など高校生らしい出来事が巻き起こりますが、みつみは悩みながらも友人たちを傷つけないよう大事に接します。精神年齢が高い!こんな友だち欲しいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/19

    途中まで勝負に勝つための戦術が書かれていて「あんまり使うことはないかもな・・・」と冷めた目で読んでいましたが、U部に入ると急に面白くなってきて、特に「負けのラインが低ければ低いほど、しぶとさ、粘り強さ、胆力といった勝負事や生き残りに必要な精神力を生み出しやすくなる」というのは、自分も長く健康に働ければいいぐらいに思っているので、わかるなあと納得しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/10

    今1巻から読んでいる最中です。6巻では魔王ミリムが登場します。ミリムはメチャクチャ強いですが無邪気で好感が持てます。
    このマンガは登場人物の持ち上げ方が絶妙で、まるで読者である自分がとても能力のある人間として褒められてるみたいで気持ちが良くなります。
    やってることは激しいですが、絵がかわいくてほのぼのしてるので安心して読めます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/08

    とても読みやすい文章で、あっという間に読み終えてしまいました。
    人がその人を極めるとなぜか必ず他の人の役に立つようになっているとか、人生に学ぶ時間はたくさんあるとか、時々ハッとする文が出てきます。
    友だちって何?とか生きることに意味はあるの?みないなテーマは私も一度は考えたことがあるので、吉本ばななさんの回答を興味深く読ませて頂きました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/08

    主人公マカベーアの悲惨な人生を描いた小説で、その語り部であるロドリーゴ・S・Mも決して幸せそうじゃないです。
    クラリッセ・リスペクトルの遺作であるため、死を意識した著者の心を反映したものではないかと想像されます。
    ひたすら自分の心情を深く掘り下げていくロドリーゴ・S・Mの語りは鬼気迫るものがあり、読み応えがあります。
    悲惨な内容ですが、リオデジャネイロの空気感も相まってアーティスティックな印象を受けました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:135件中91件から105件まで表示