トップ > My ページ > どん さんのレビュー一覧

どん さんのレビュー一覧 

検索結果:289件中211件から225件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    チック・コリアの超有名盤。ノスタルジックなジャケも相まって、売れました。のっけから、「あれ、ジャズじゃないじゃん」と思わせる挑発的な出だしから、一気にめくるめくインプロヴィゼーションの洪水に飲み込まれる快感を味わってしまうと、もう永遠に浮上不可能かもしれません。いわゆる、ジャズ、じゃない音をお求めのあなたに。先ほど訃報が飛び込んできました。この翼のように、伸びやかに通り過ぎたシーンでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    maden voyageに先立つアルバムで、ストレート・アヘッドなジャズをやっているのが、新しいジャズファンにはびっくり、という、アルバム。チック・コリアといえば、今ではどちらかというとクロス・オーバー的な印象が強い人ですが、これを聴けば、ソロの斬新さも人後に落ちない、いわゆる「ポスト・エヴァンス」をジャレットと一緒に支えてきたピアニストだということが、よくわかります。先日訃報が飛び込んできました。あの世でビッグとセッションをしてることでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    8弦(!)ギターを駆使するギタリスト、チャーリー・ハンターがドラムのレオンパーカーと組んだデュオ。一聴すると、ほんとにこれ一人で弾いてんのかよ、と思いますが、どうやらダビングはなしのようです。世の中、すごい人がいるものです。曲はファンキーでキャッチーなのがそろってます。ジャムバンドなどが好きな方に

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    師匠のチャーリー・ヘイデンとパット・メセニーが組んだ、非常にポエティックな音楽。こういうのを弾かせると、うまいですねメセニーは。きっとアメリカの田舎で育つと、人間がおおらかになるんでしょう。ゆったりとした気分で聴きたい一枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    大御所ベーシスト、チャーリー・ヘイデンのスローチューンが並ぶアルバム。キューバ出身のピアニスト、ゴンザロ・ルバルカバと共同で作り上げたもので、アルバムタイトルは、たぶん彼の故郷であるキューバをイメージしているのでしょう。どの曲も、夕暮れの海辺で聴くのにぴったり。夏のリゾートのお供に。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    「直立猿人」というのが、邦題。まあ、そうだろうけど、それはないよなあ、ミンガスさん、と思ってしまいます。ピテカン、といえば、80年代の方には懐かしい響き。原宿裏の地下にあった、クラブの先駆けですね。桑原茂一さんも、ミンガスからつけたんでしょうか。野性味溢れる大作、有名盤です。あと、バンドマンガの名作、「気分はグルービー」からの連想で来た方(さすがにいない)、見事に裏切られて、かつそのうえで、深みにはまってください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    チャールズ・ミンガスのライブ版。「どす黒い」という形容詞がはまる演奏。ベースという楽器のせいもあるのでしょうが、どろろどろろと鳴るベードラとミンガスのベースに、トロンボーン、テナーなど、低音系の楽器がうねります。フリーになる前のミンガス、意外ととっつきやすいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    リーダー作としては、キャノンボールですが、実際はマイルス・デイビスの作品として語られることの方が圧倒的に多い、有名盤です。確かに、このアルバムのマイルスは、若々しく、クールでもモードでもないソロを繰り広げていて、聴きやすく、親しみやすいスタンダードの数々。ジャズを聴くならとりあえず、の一枚です。今となってはそんなマウンティングとは別個に、このアルバムが録音されて(ライブではなく!)私たちに届けられたことに感謝しようと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    ナット・アダレイという兄弟のコルネット吹きと組んだ、2管もの。これも結構熱い演奏ばかりです。兄弟っていうことで、はりきってるのかもしれませんね。これだけくどい兄弟だと、まわりは結構疲れるかもしれません。それくらい、ハイテンションでホットな演奏がこれでもか、というぐあいに続きます。上機嫌で踊るにはサイコー!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    ダンサブル・ジャズという、この音楽の本質を見事に表している有名盤。ライブ録音のため、観客の熱狂ぶりももろに伝わってきます。ファンク・ジャズ、ハード・バップという言い方もできますが、そんなことより、思わず腰が動くぜ、というのが正しい楽しみ方。キャノンボールと一緒にブロウしましょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    ビル・エヴァンスとの競演、という、一見アレ? な感じの取り合わせ。聴いてみると、意外に違和感はありません。キャノンボールというと、その風貌からもぶいぶい吹きまくり、というイメージがありますが、なかなかどうして、こういうミディアムテンポのサックスもうまいものです。有名曲「Waltz for Debby」のエヴァンス盤と聴き比べるのもおもしろいかも。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    有名です。ボサ・ノバは、チャーリー・バードとキャノンボールに取り上げられて、ジャズになったという気もします。この巨漢がボサ・ノバというのも変な気がしますが、メロディーがアルトサックスに合うんでしょう、違和感が全くありません。エキゾチックなジャケもいい。全体に軽めの録音で、それが難といえば難。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    巨漢、というのにぴったりのキャノンボール。ウィントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブというマイルス一党の面々と組んだ、当時の勢いが感じられるアルバムです。元気なアルトの音が好きな人にぴったり。いわゆるビ・バップですから、ソロもテーマもわかりやすいので、昔っぽいジャズを探している人にはキャノンボールはお薦めです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    この手の路線は、ずーっとなくならないんでしょう。キャッチーでゴージャスで父ちゃんもミュージシャン。長い髪を振り乱してサックスを吹きまくるステージングは、確かに見応えあります。ポップでキャッチーなジャズというより、イージーリスニング風の音楽。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    スウェーデンの奇才、ウルフ・ワケーニウスが、自らもトリオに参加していた、オスカー・ピーターソンをリスペクトして作ったバンド。バンド名も、代表曲からつけました。ウルフ以外のプレイはそこそこです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:289件中211件から225件まで表示