トップ > My ページ > はれ さんのレビュー一覧

はれ さんのレビュー一覧 

検索結果:137件中76件から90件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/18

    今まで読んだことのない、新鮮な作品。インドに住む主人公が百年に一度の洪水のあと、泥まみれの道を行き、会社と自宅の間の川を渡る。そのあいだの物語。タミル語が全くダメな彼女なのに意味はわかるし、死者も生者の過去の姿まで入り乱れて、あちらこちらで再会の嵐。ユーモアもたっぷり、文章も面白い。行ったことのないインドに行ってきたようで、本当に楽しい読書の時間を過ごせた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/18

    面白かった。泣けた。耳の中でピアノの音が鳴り響いている。そして自然の、日常の中にいつもある音楽。『蜜蜂と遠雷』を読んで、今まで意識しすることなく、聞き流していた音に耳を傾けることの楽しさに気づいた。音楽の楽しさを思い出させてくれる作品。登場人物もみんな魅力的で、会話も楽しい。本を通して4人のピアノが聞こえてくるようで、すっかりファンになってしまった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/18

    石井ゆかりさんの文章、井上博道さんの写真どちらも素敵でした。あまりくわしく知らなかった浄土真宗や親鸞のことを知ることができて興味深かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/18

    森絵都さんの短編集。どの一編も残さず、全部良かったです。心にじん、ときたり、ぐさっ、ときたり。森絵都さんの作品は初期の頃から好きで読んでいますが、『みかづき』やこの『出会いなおし』はさらに好きです。冷静に今を捉えることが大事だと感じました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/18

    銅版画がとても素敵な本。色も美しく、引き込まれる。夢と現実の狭間。幸せを招く世界のしるし。地域・国ごとの民族性や、自然とのつながりも垣間見ることができて面白い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/17

    角田光代さんの旅エッセイ。知識欲旺盛で、とにかく異国の地を歩き回る角田さんの行動力がすごいです。たくましいけれど、用心深く、怖がりで、旅が苦手なのが意外です。それでも様々な国を訪れるほどにそれぞれの国、地域が魅力的なのが文章から伝わってきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/17

    あっという間に『バベル九朔』の世界に引き込まれました。現実と現実じゃないものの境界があやふやで不思議な世界観です。本なのに、映像を見ているような、夢を見ているような感覚になりました。登場人物もみんな魅力的で、面白かったです!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/17

    渡辺和子さんの言葉はひだまりのよう。あたたかく、優しい言葉の中に凛とした、一本の筋が通っている。ときに反省させられるような愛ある注意もある。不完全な自分を冷静に省みるきっかけになりつつ、不要な肩の力は抜くことができるような力を持った本です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/17

    加藤シゲアキさん初の短編小説集。一編一編が濃厚で色彩豊かな印象です。どの作品もタイトルから、小説の中の文章まで、言葉が魅力的で素敵です。「イガヌの雨」のイガヌの描写は気持ち悪いですが、環境や、人間について考えさせられます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/17

    妖怪「猫又」になったばかりの新米猫又、みかんたちの冒険ストーリー。大人から子どもまで楽しく読める本です。思いもよらない意外な展開に、ドキドキしながら、あっという間に読めました。またみかんたちに会いたくなります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/17

    主人公や、登場人物それぞれが悩んで苦しい場面も多いですが、様々なディテールで笑えるところもあり、面白かったです。つらさや孤独もあるけれど、すごく正直に生きている人で、私は大好きな主人公です。今まで無意識に押し込めていた、社会や自分の身の回りの理不尽さや消化できなかった細々とした想いが、この本を読んで、解放されて消えたような感覚がします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/15

    ボクサー、タクシー運転手、警察官に、高校教師。一見接点のない4人が主人公の連作です。4人それぞれが、ある夜に一歩悪い方へと足を踏み入れてしまいます。そこで、踏みとどまれた人と、衝動に流されてしまう人。過ちから善の方に方向転換できるか。人間との良い面悪い面を、率直に描いていて面白かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/15

    最果タヒさんのことばが、気持ちよく響いています。今までの自分から、これからの自分へとつながっていく日々を感じました。すんなりと詩が馴染んでくる心地です。何度も読みたくなる詩集です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/15

    どの短編も素晴らしく、心に響く作品です。「ささやかだけれど、役にたつこと」「大聖堂」など、大好きな作品がつまっています。短編だからこそ、書けるものがあるんだと、実感したのはレイモンド・カーヴァーに出会ってからです。絶望と希望を強く感じました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/14

    自分のネガティブな気持ちにひっぱられて、つらくなる。なんとなく感じていた自分の悩みが、細川さんのマンガを通して明確に見えてきました。そして精神科医の水島さんのわかりやすい解説、図解によって現状把握ができ、対処法がわかります。よりよく生きるためにどうすればいいのか、たくさんのヒントを頂けました!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:137件中76件から90件まで表示