トップ > My ページ > ぴたっきー さんのレビュー一覧

ぴたっきー さんのレビュー一覧 

検索結果:157件中136件から150件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、25枚目のシングルは人気映画「ちはやふる」完結編の主題歌として起用されたナンバー。
    「ちはやふる」の主題歌「FLASH」が疾走感あふれるナンバーで好評だったが、今作はスローテンポなナンバーで、ちょっと肩透かしを食らった感じがした感じが否めない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、19枚目のシングルはドラマ主題歌として起用されたポップなナンバー。
    このシングル発売直前にアルバム「LEVEL3」が発売されており、なぜアルバムに収録しなかったのか疑問だったが、アルバムの世界観とは違った世界観が収められており、シングルでのリリースは正解だと個人的に思った。
    しかし、ライブでフルバージョンで披露される機会が少ないので、いつかフルバージョンで見れる日を楽しみにしたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、23枚目のシングルはメンバーのあ〜ちゃんが出演するドラマの主題歌として起用されたミディアムテンポのナンバー。
    東京で夢に生きる女性をテーマに製作されたこの曲は、夜の東京で聴きたくなること間違いなしの一曲。
    個人的には夜の首都高速をドライブしながら聴きたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、5枚目のシングルは公共広告機構のCMソングとして起用され、彼女たちの存在が世間に知らしめるきっかけとなったテクノポップナンバー。
    Aメロ、Bメロ、サビ、間奏とどこをとっても完璧な構成で、今聴いても新鮮さを感じさせる。
    カップリングのSEVENTH HEAVENも儚げな世界観を表現したナンバーでライブでも人気曲となっているオススメのナンバー。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、8枚目のシングルは頑張る人への応援ソング。
    発売当初は賛否両論となっていたが、今となってはPerfumeのライブでは欠かせない人気曲に。
    人生にちょっと疲れてしまった人や、目標に向かって挑戦を決意した人にはぜひ、この曲を聴いて頑張ってほしい。
    カップリングの願いもDream Fighter同様、応援ソングとなっているので、合わせて聴いてほしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、13枚目のシングルは両A面シングルでのリリース。
    レーザービームは彼女たちの代表曲の1曲となったが、近年はアルバム「JPN」に収録されているリミックスバージョンが披露され、なかなかシングルバージョンが披露されないことが残念。
    シングルバージョンのみに収録されている間奏のサウンドは、正しくレーザービームのような疾走感があり、アルバムバージョンしか聴いたことない人はぜひ、聴いてほしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、14枚目のシングルはアルバム「JPN」の先行タイトルとしてドラマの主題歌に起用された「スパイス」である。
    今までのPerfumeサウンドとは一味違ったミディアムサウンドは、まさしく香辛料のようなスパイスさが感じられ、一度聴いたら病みつきになる一曲。
    カップリングのGLITTERはCMソングとして起用されており、アルバム「JPN」に収録されているバージョンとは異なるので、聴き比べてみるのもオススメ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、メジャーデビュー9枚目のシングルは強烈なイントロが一度聴いたら耳から離れない新生活応援ソング。
    チョコレイト・ディスコに続くディスコシリーズ第2弾である今作は、新生活を迎える者なら共感すること間違いなしの歌詞に軽快なディスコサウンドがマッチし、春に聴きたくなる一曲。
    カップリングの23:30はタイトル通り、深夜に聴きたくなる大人の雰囲気を感じるムーディーな1曲。
    いつかライブでも披露してほしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、メジャーデビュー3枚目のシングルは近未来三部作の完結編。
    今でもファンに愛され、ライブでの定番曲になることが分かるほど、曲の構成が素晴らしく、初期の楽曲の中でも完成度が高い。
    カップリングのWonder2はかつてライブでのラストナンバーとして定番になっており、近年ではあまり披露されないが、こちらも名曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、メジャーデビューシングルは近未来をテーマにしたピコピコサウンドが特徴的な一枚。
    この曲がなかったらPerfumeは始まってなかったと思うと感慨深く感じる。
    カップリングのファンデーション、コンピュータードライビングもカップリングでは勿体ないほどクオリティの高い楽曲で何度も聞きたくなる一枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、15枚目のシングルはユニバーサル移籍後初となるシングル。
    Spring of Lifeはワンルーム・ディスコとは違った、入学、入社などといった新生活を始める者への応援的ソングとなっており、ダンサブルなサウンドが耳に残る。
    カップリングのコミュニケーションも可愛らしいポップさが際立つ曲となっており、個人的にオススメの一枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、メジャーデビュー後2枚目となる今作。
    近未来をテーマにしたピコピコサウンドが特徴的なサウンドは今聴いても、新鮮さを感じさせる曲。
    カップリングのPerfumeもライブに来てくれた観客への感謝の想いを歌ったライブでの定番曲だったが、近年は披露される機会が少ないので残念である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfume、26枚目となるシングルはポップさが際立つ1枚に。
    従来からのテクノサウンドを好むファンからは支持が得られないかもしれないが、個人的には何度も聞いて味が出るそんなシングルだと思った。
    カップリングの再生もポップさが際立つ楽曲だったので、カップリングだからこそ挑戦できるゴリゴリのテクノサウンドを収録してほしかったとファンとしては思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    前作のGAMEが名盤だったということもあり、プレッシャーが大きかったであろう今作。
    リリース当時は随分な変化球的アルバムだと思ったが、今聴いてみるとPerfumeの魅力が十分に詰まった素晴らしい一枚になっている。
    特にedge(-mix)は今でもファンの人気を集める一曲となっており、リミックスの構成からもプロデューサーの中田ヤスタカ氏の気合が感じられる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Perfumeの3枚目となるオリジナルアルバムはGAMEとならぶ名盤。
    メンバーがドライブ中に思わず踊りたくなるようなクラブの雰囲気を醸し出したアルバムにしたとの発言の通り、ノンストップで聞きたくなる構成になっている。
    途中の未来のミュージアムもいいブレークポイントに。
    Party Makerはedge(-mix)にならぶ長尺の1曲であり、今後のPerfumeライブで末永く愛される一曲になるだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:157件中136件から150件まで表示