トップ > My ページ > ハッチ さんのレビュー一覧

ハッチ さんのレビュー一覧 

検索結果:191件中151件から165件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/08

    英国のサッチャー、米国のレーガンがグローバル化を前提に進めた1980年代の
    新自由主義が保守主義へと転換をしたのがアメリカ、トランプ大統領の出現と
    英国のプレグジット。新自由主義がもたらした二極化によって、新興国や途上国は
    大いなる恩恵を受けたが反面、先進国の中流層が破壊された。
    新自由主義によってもたらされた恩恵とリスクが今問われている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/07

    チェリビダッケと言えばブルックナー。
    職人に愛されるブルックナーだが、
    ブルックナーを振り続けることで職人化した巨匠は多い。
    若い頃はブルックナーはほとんどマイナーだったが、
    今ではマーラーと並ぶ2枚看板。
    ドイツものの素晴らしさは、
    本当にスペシャリスト。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/07

    BOXシリーズでアバドの作品を集めてきたので、やはり買ってしまうのだろう。オリジナルジャケットでないのは失望だが、ベルリンフィル盤、ウィーンフィル盤とくれば、ロンドン響だけないわけにはいかない。
    メーカーの戦略にハマってしまう心弱い私。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    録音数は決して多くないクライバーだが、
    そのすべてが名盤であるグラモフォンのBOX。
    若い頃東京で生演奏を聴いたが、
    登場する迄不安であった。
    ドタキャンのクライバーと呼ばれていたからだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    ショルティと言えばワーグナーとマーラー。
    シカゴ響の管楽器の響きは、
    古今東西のオケでは最高。
    シカゴ響の歴史はショルティの歴史でもある。
    デッカにおける優秀録音。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    ネルソンズのブルックナーチクルス。
    ショスタコーヴィッチ、ベートーベンそしてブルックナーと
    今、乗りにのっている指揮者。
    ブルックナー未完の白鳥の歌を名門ゲヴァントハウスとの録音。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    ラトルの後のベルリンフィルの後継と思っていたが外した。
    ドイツものの正統派指揮者。
    ワーグナーなどのリリースも含め、常に期待しているひとり。
    ウィーンフィルとのベートーベン全集だが、
    録音が素晴らしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    フランスの至宝、デセイの待望のBOX。
    ミシェル・ルグランとの「シェルブール」も魅力的であったが、
    デセイのオペラとアリアが揃うBOXは買い。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    オペラ指揮者としてのパッパーノの活躍は目を見張る。
    愛すべくラフマニノフの名曲、交響曲2番と
    作品由来の地、ドレスデンを従えてのラフマニノフ詣で。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    ベートーベン生誕250周年記念アルバム。
    ウィーンフィル久々のベートーベン全集。
    いま最も注目を集めるネルソンズ。
    ショスタコーヴィッチとブルックナーチクルスでも
    話題を欠かさない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    ディーバ、マリア・カラスのEMIに残る3枚のライブ映像。
    貴重な歴史的記録。
    カラスの全盛期を知る作品として購入。
    激動の人生が読み取れる

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    ベートーベンのピアノソナタ全集といえばバックハウス。
    デッカの名盤中の名盤。
    1960年代のバックハウスとケンプは正統派の
    ベートーベン弾き2人。
    長らくベートーベンのピアノソナタは
    2人のBOXで十分だった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    21世紀に入り最高のベートーベン全集。
    キレキレのアップテンポブームを作ったのは、
    ヤルヴィから。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    クルレンツィスのバッカス。
    1年遅れでようやく近づいてきた。
    ベートーベンの交響曲では最も好きな作品。
    のだめカンタービレで千秋のテーマとなった7番に期待。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    ラフマニノフのpコンといえばアシュケナージ。
    プレヴィン、ロンドン響と並ぶ、
    アシュケナージの双璧。
    ロイヤル・コンセルトヘボウとハイティンクの決定版。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:191件中151件から165件まで表示