トップ > My ページ > mori さんのレビュー一覧

mori さんのレビュー一覧 

検索結果:218件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    画の美しさはもちろんですが、アラジンはとにかくストーリーが面白いので大人から子供まで飽きずにみられます。特に実写ではジャスミンのキャラクターがより魅力的に丁寧に描かれているようで好きです。守るとはどういうことなのか、自由とはどんなことなのか、自分で考えさせるようなお話です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    おもちゃたちとしての運命を真摯に描いた作品です。大人になった今みても心が動かされます。ストーリーとしても展開が多くてシリーズの中でもかなり面白いです。小さな何かへの想像力、忘れてはいけないことを教えてくれます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    金曜の夜、大好きな話が終わってしまったのが寂しいです。これは寿一から見た彼の家の話だったんですね。逃げたくても逃げられない、捨てたくても捨てられない、家というものに身一つで向き合った彼の姿に勇気をもらいました。長瀬君の演技をもっと見て居たいと何度も何度も思わされます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    すごく静かな映画です。登場するのは靴職人の主人公、ストーカーの女、シンプルに二股する男、互いの思いを知らない人たちで、見ているこちらとしても彼らが何を考えて居るのか分からないです。しかし見ているうちに共感できない、知らない彼らの中にある知っているような部分を見つけて少し彼らに親しみを持ったりします。きっとリアルな私たちもこういう不十分で過剰なコミュニケーションの世界にいるのだろうと思わされます。コンビニ店員の彼の自然な演技がとても素敵でした。現実世界でもこういうコンビニエンスで一瞬の爽やかさに出会って生かされているところがあるな、と思います。サンスみたいな人は割とこの世にいるし、割とこの世を救っていると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    新参者シリーズの集大成となる、加賀の本質に迫る作品です。東京で起こった事件と関わる加賀の過去、時空を超えて様々な要素が絡みあう展開はミステリとしてとても面白いです。2時間の中に複雑な事件に伴う人間ドラマまでしっかり描けて居て、実写化として最高の仕上がりだと思いました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    見終わった後、フォレストを、彼の人生を愛おしく思うと同時に自分の人生も同様に愛せるような力がある映画です。彼の長い長い物語の中で経験したことは必ずしも良いことばかりではないのに、その全てを愛するフォレストに心が動かされます。迷った時に「Run.Forest,run」という大きな叫び声が背中を押してくれるような気がします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    見栄から始まったバンドが閉塞した彼らの日常から目を背けさせてくれるストーリーです。曇り空の下で、何かが始まるワクワクとした予感と何かが終わってしまう焦燥感の両方が互いを引きたてながら存在しているような展開です。ダブリンの町で始まったそれは必ずしもうまくは行かないけれど、でも自ら願って行動したそれは必ず彼らにとって未来への糧になるだろうと希望を持たせてくれます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    永遠がないことを知っている二人の話なので、一瞬一瞬が美しくて、何度も何度も見た大好きな映画です。
    二人が惹かれあっていく様や情景は見ていて胸がときめきますし、色彩の美しさにこだわった画もとても素敵です。
    愛と奇跡に導かれる展開も良くて、王道なのに一瞬も飽きることがないです。映画っていいな、と改めて思わせてくれる名作だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    何にでもなれるカメレオン俳優な二人が何でもない男子高校生になりきった贅沢な作品ですね。基本的に河原で話しているだけで絵替わりしないので退屈にも思えますがそこにこんな二人が投入されていることにも面白さを感じます。何気ない会話が何よりの魅力のコンテンツだと思うので、演技の上手いお二人が実写化してくれて良かったなと思いました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    なんとなく見たのですが、見終わった時には自分でも驚くくらい泣いてしまいました。自分を信じられなくなったときに信じてくれる人が彼らに互いにいたことが何よりも嬉しかったです。楽しそうに歌う彼らを見ていると心から永遠を願ってしまって、見終わりたくないと思った映画でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    のどかな風景、爽やかな制服、賑やかな教室。所謂青春群像劇のはずなのですが、なんとなく湿度を感じるのは原作を読んだ後に見たからでしょうか。閉塞感んのある環境で出遭う彼らの心は自由や冒頓さとは少し違っていて、その人間のリアルな心情にどきっとすることがあります。二人の透明感のあるビジュアルと相まってとても魅力的です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    原作を読んでいないと展開や心の機微が分かりづらいかなとは思いますが、そうした流動性や危うさも含めて「溺れるナイフ」という作品の魅力ではあると思います。正直ストーリーが分からなくても画の強さと美しさに見入ってしまうのではと思うくらい演者が演じるキャラクターがそれぞれみんな素敵です。特に重岡くんの演技には驚きました。彼が演じる大友は何よりも大友で、役を生きるとはこういうことなんだと思うくらい説得力のある自然さに惹かれました。曖昧なラストがドレスコーズの主題歌により回収されていくのも個人的には好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    きのこ帝国のファンで、主題歌に起用されたことをきっかけに見に行きました。タイトルを見ただけでも目頭が熱くなってしまいます。生活のノイズの中でかき消されてしまいそうな人たちが、愛しあって生きるお話です。強くて優しい親子、そっくりだと思いました。役者さんたちの演技に心を動かされます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    ドラマ版の続編の映画ですが、こちらだけを見ても十分楽しめると思います。魅力的な女性が新たに続々と登場しますが、長澤まさみのは映画ヒロインの中でも一番好きかもしれないと思うくらい魅力的です。ドラマ版に続いて素敵な楽曲たちが物語を導いていきます。私にJpopを教えてくれたのはモテキでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    殊更に仲良くもない。気が合うわけでもない。性格が良いわけでもない。誰も同じじゃない。誰も分かってくれない。誰にも同情しない。そんな我儘でありのまま、不調和な関係がこんなにも羨ましく美しく見えるのは年を取った証拠なのでしょうか。学生時代特有の儚くあっけない終わり方も、何を得たわけでもない経験が後から振り返った時に何よりも心に残ることを逆説的に示しているようで、何とも言えず美しいですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:218件中121件から135件まで表示