トップ > My ページ > WM-102 さんのレビュー一覧

WM-102 さんのレビュー一覧 

検索結果:215件中31件から45件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    「モノリスの謎」は6枚目のスタジオ作品です。
    80年代の直前という時代背景もあるのか、曲がさらにコンパクト
    になりました。カンサスらしさはありますが、ドラマチック感は
    後退しています。
    また、オリジナルメンバーで制作されていますのでヴァイオリン
    ももちろん参加していますが、徐々にエレキギター主体になって
    きています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    「海底ピラミッド編」で第3巻が「Part1」、第4巻が「Part2」です。
    読了しました。
    海底ピラミッドの謎にサイボーグ戦士たちがどこまで迫ることが
    できるか、そしてこの謎に追いついたとき、彼らが自分たちの意思を
    どこへ向けていくかがキーポイントです。
    直接的ではないものの、これが「天使編」や「神々との闘い編」に
    登場する神々に対する、彼らの回答につながっていると思います。
    また、巨大建造物や巨大飛行艇を大ゴマでダイナミックに描く場面が
    増えました。解説によると、同時期に人気のあったスターウォーズへの
    対抗ではないかとのこと。
    この作品ではジョーの女難の相は出ません。代わりにハインリヒが
    モテます。後期シリーズではハインリヒが隅に置けませんね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    ライブ盤「Live At The Whisky」のメンバーで製作された
    スタジオアルバムです。曲はコンパクトになっていてプログレ度
    も低いながら、カンサスらしさがあります。スティーブ・ウォルシュ
    も復調していますし、デヴィッド・ラグスデールのヴァイオリン
    も存在感があります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    1998年の作品で過去の名曲をオーケストラと共に再演して
    います。カンサスの曲と演奏は、オーケストラと相性がよいことを
    証明しました。
    このアルバムでの試みは、2013年のライブ盤「There’s Know Place Like Home」
    に結実すると考えています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    2001年ツアーを収録したライブ盤です。クラプトンの数ある
    ライブアルバムの中で一番好きです。
    その理由は、オリジナル曲を多く演奏しているところ。特に
    「プリグリム」から4曲演奏しており、スタジオテイク以上に
    素晴らしい演奏になっています。その中でも、「River Of Tears」
    のアウトロのギターソロは気迫がこもっています。
    また、「いとしのレイラ」での迷いのない自信にあふれた歌声も
    好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    収録されている80年代のヒット曲は、リアルタイムで聞いていました。
    正確に言いますと、MTV番組で視聴していました。
    今回改めて聞き直して、ヒット曲の魅力や懐かしさを感じました。
    しかし、オリジナルアルバムを聞き直そうとは思えなかったのは
    残念です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    1〜5巻を読んだ感想です。
    これは、石ノ森先生が考えたプロットを石森プロがマンガ化したもの
    です。
    サイボーグ戦士が最後に戦う「神」の概念は石ノ森先生のアイデアだと
    思います。しかし、その他の部分や描写は「これは違う」という思いが
    消えません。なぜなら、サイボーグ戦士たちに対す仕打ち、特に003(フランソワ)
    に与えるそれが、ひどすぎるからです。また、005(ジェロニモ)が、犯罪者
    とはいえ平気で人を殺すことにも違和感を覚えます。
    どこまで石ノ森先生が考えて、どこからを現在のスタッフが書いたのかは
    わかりませんが、サイボーグ戦士たちを愛した石ノ森先生ならこういう
    風にはしないと思うのです。
    009はこれからも定期的に新作が出ると思います。完結しなくても
    よいので新しいストーリーで009たちの活躍を見たいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    とても読みやすかったです。
    「送信メールの確認」は、私も実感しています。
    また「エンドロールの確認」ですが、確かに最近の映画の
    エンドロールは終わった後におまけ映像がよく出ますので、
    席を立つことができません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    初期のお話の中でも特に人気の高い「暗殺者編」の0013の
    お話を読みました。ダイナミックな戦闘シーンの中で、
    サイボーグ戦士と0013の細やかな心情が描かれます。
    0013の「友だちになりたかった」は、悲しい言葉ですが、
    未来へつなぐ希望であるとも言えます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    009たちがコブラ型移動熱戦砲に苦戦
    します。一方でブラックゴーストの新型サイボーグマンに打ち勝つ004が、
    作画の見事さもあいまって実にクールです。
    今回は、故郷ベトナムを捨てたサイボーグマンが、妹のために
    人間らしい心を取りもどす過程の描き方が秀逸です。よくこんな話が
    かけるなあと、そういう点でも感動します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    ピーター・ゲイブリエルが抜けて4人編成になった
    ジェネシスの最初のアルバムです。
    6分を超す大曲が多いのがいかにもプログレ。さらに
    プログレらしいスリリングな曲を中心にしていますが、
    かなり叙情的な、というか牧歌的な曲が多いです。私は
    スリリングな曲にひかれます。
    演奏はさすがの一言で、隙がまったくありません。特に
    フィル・コリンズのドラムとトニー・バンクスのキーボード
    がこの時期のジェネシスサウンドを特徴付けているようです。
    個人的にはコリンズのボーカルはあまり好きではないのですが、
    ゲイブリエルよりロック的に歌っているので、これは気に入って
    います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    「ミュートス・サイボーグ編」です。
    「ベトナム編」より悲哀感が後退しましたが、壮絶な戦いです。
    ミュートス・サイボーグは、「黒い幽霊団」の精鋭部隊だと思います。
    能力も戦力も009たちをはるかに上回っています。最初から絶望的な
    ことは彼らにもわかっており、事実劣勢のまま終局を迎えます。
    果たしてサイボーグ戦士たちはどうなったのか、マスコット的な
    キャラクターのパンは…
    唯一言えることは、009の優しさだけは負けなかったと思います。
    そして,名セリフ「あとは勇気だけだ」。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    鳥の機能や形態について紹介しています。
    単に鳥だけについて述べるのではなく、随所に人間や他の動物、
    航空機や自動車との比較を取り入れていますので、
    内容が実感しやすいです。
    また、「バード川上」としておなじみの鳥類学者・川上和人先生が
    ちらっと紹介したり、文章が突如オタク方面に傾くのがうれしい
    ですね。
    とてもおもしろかったです。松原先生の次回作も楽しみです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    「怪奇骨董音楽箱」は5人編成ジェネシスの3枚目です。
    とても久しぶりに聞きました。解説の受け売りですが、ピーター・
    ゲイブリエルの演劇チックなところがあまり好きになれないから
    です。
    ですが久しぶりに聞きますと、とてもプログレ度が高いと実感
    しました。牧歌的な曲はなく、どれも緊張感にあふれています。
    スローテンポの曲は後半に速いテンポに転じるなどドラマチックな
    展開を見せます。
    驚いたのは、スティーブ・ハケットです。全曲でギターを弾きまくり
    演奏面では主役状態です。4人時代になってメンバーの力関係に
    変化があったのか、そちらが気になります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/08

    「静寂の嵐」は4人編成になったジェネシスの2枚目です。
    前作「A Trick of the Tail」と比較すると、プログレ曲は
    相変わらずスリリングですが、明るい曲調になっています。
    また牧歌的な雰囲気が消えて、バラード調の曲が増えました。
    こうした路線は、人気作「Duke」へつながっていると思います。
    なお、私は甘いバラードはあまりすきではありませんが、
    「One for the Vine」は長尺でプログレ感があり、「Afterglow」
    も好きです(歌詞はわかりませんが)。
    演奏面では、ますますトニー・バンクスのキーボードが前面に
    出ました。ただし、スティーブ・ハケットのギターが
    「…In That Quiet Earth」で流れるようなソロを見せています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:215件中31件から45件まで表示