トップ > My ページ > ぼんちゃん さんのレビュー一覧

ぼんちゃん さんのレビュー一覧 

検索結果:6件中1件から6件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/09/08

    ラヴェルの「ツィガーヌ」とサン=サーンスのロン・カプは色々なCDと聴き比べましたが、ハイフェッツとともにこれらの曲のベストに位置すると思います。
    技術が優れているうえに、むせるような濃厚な歌い回しが圧倒的です。
    音のバランス的にはピアノがちょっと物足りないのが、惜しいです。
    ラヴェルの「ツィガーヌ」やサン=サーンスのロン・カプを練習する方には是非聴いて欲しい。そんなCDです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/15

    24のカプリースはほとんどのCDを聴きましたが、このCDがベスト・ワンです。
    技術的な完成度、音の美しさで他を寄せ付けません。
    これを聴くと、世評の高いアッカルド、パールマン、ミンツも過去のものという気がします。ツェートマイヤーやマルコフのようなパガニーニの悪魔的な雰囲気はありませんが、とくかくこの完成度は凄まじい!
    テラークの旧盤より明らかに進化していますので、旧版をお持ちの方も絶対に購入すべきです。
    また、音高生、音大生、プロのヴァイオリニスト、パガニーニやヴァイオリ音楽が好きな人、全てにお勧めしたいです。
    大げさに表現したくないのですが、それほど素晴らしいCDなのです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/24

    チャイコフスキーが素晴らしい。
    たくさんの演奏がある中で技術的には最も優れている。
    DVD(2011年時点廃盤)を見て、他の演奏者の映像と比較すると、その凄さが分かる。
    星4つにしたのは、あまりにも健康的に弾き過ぎて、感動に結びつかないから。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/06/27

    旧盤とは同一人物と思えないような演奏である。
    ささやくような弱音、ノン・ビブラートでの怪しい表現、下品すれすれのビブラートを駆使した表現法など、ひとことで言えば「艶っぽい」演奏である。
    無個性な表現がはびこる中、このような個性的な表現はまれである。
    単なる透明感がある美音でなく、少しハスキーな曇った音色であるのもよい。
    (現代のヴァイオリニストでは、ムターとデュメイにそれを感じます。)
    スピッカートを駆使した速いパッセージも鮮やかで爽快である。
    メンデルスゾーンの様式から言えば、技を駆使し過ぎでやり過ぎかもしれないが、とても魅力的であることは間違いない。
    難点を言えば、メンデルスゾーンのコンチェルト1楽章のカデンツァのアルペジオが勢いに任せて雑に聞こえる。
    評価は、限りなく5つ星に近い4つ星。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/06/13

    メンデルスゾーンは数多く聴いた中で音楽的には最高に素晴らしい。
    惜しむらくは録音である。52年のライブだとしてもいかんせん貧弱な音質である。
    ファースト・チョイスには向かないが、メンコンが好きで、燃焼度が高く魂のこもった演奏を求めているならばお勧めである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/15

    メンデルスゾーンのみ聴きました。全体的に淡白な印象で今ひとつ迫るものが無い。よく言えばメンデルスゾーンの様式を意識した表現と言えますが。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示