トップ > My ページ > adagietto さんのレビュー一覧

adagietto さんのレビュー一覧 

検索結果:19件中16件から19件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/24

    私の感想は、つよしくんさんが書かれていることそのままです。
    マーツァルはどんな曲であれ、オーソドックスな解釈で、時には退屈と感じることもありますが、このブラ1は正攻法で成功を収めた名演といえるでしょう。チェコ・フィルの豊潤な音色も素晴らしいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/27

    日本のオーケストラと日本の指揮者によるこの演奏。録音の素晴らしさも相まって、暴力的なまでにマーラーの音楽が迫ってくる。今時、ここまで凶暴な演奏は御目にかかれないだろう。世界に誇れるマーラーの6番である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/26

    ボヘミア的哀愁を帯びたマーラーだ。恐ろしいほど切ない冒頭から見事だ。驚異的に枯れきったクレッシェンドも実にすばらしい。渾身の力をふりしぼったクレッシェンドも息をのむばかりで,ここで大植は,音楽を大きくデフォルメさせながら,しかも透徹した結晶化を実現している。しかも表現が全く人間の心しか感じさせないのだ。特にすばらしいのは終楽章で,これはまさに精妙の極みといえよう。有機的な音と雄大な響きを生かし抜いた名演である。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/08

    まるで重量戦車が進むかのような重厚壮大なブラームスだ。この手の演奏として、カラヤンの1987年盤やジュリーニ/LASOなどがあるが、カラヤンのようにムード的に陥らず、ジュリーニのようにもたれることもない。ドラマティックかつブラームス特有の陰影感に満ちた名演奏である。録音も素晴らしく、この曲のベストを争う名演といえよう。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:19件中16件から19件まで表示