トップ > My ページ > ヴァントすごい さんのレビュー一覧

ヴァントすごい さんのレビュー一覧 

検索結果:3件中1件から3件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/11

    これは、綺羅星のごとく発売されているベートーベン交響曲全集のなかにあって屈指の名演である。スイトナーの指揮がずっしりとしていてドイツ流の
    重厚な演奏だ。深く味わいのある弦楽器、流麗に流れるリズム、素晴らしい。
    どれも名演だが、特に第2、第6番が秀演。極めつけは第9だ。テンポ良く各楽章が演奏され最終楽章の合唱は圧巻。
    ベルリンのイエスキリスト教会で録音されたものだが,美しい響きが上手くとらえられ、演奏に花を添えている。
    私の所有するベートーベン全集のナンバーワンディスクだ。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 12人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/11

    このベートーベン全集は数ある全種の中でも屈指の全集だ。
    ヴァントの指揮とオケの演奏が素晴らしいマッチングを見せておりどの演奏も見事というほかない。特に第2番、第5番、第7番、そして極めつけは第9。演奏も素晴らしいが合唱がこれまた素晴らしく近年にない名演となっている。第2番はこの曲の最高の名演の一つではないか。第7番は何と言ってもクライバー、ウィーンフィル盤だがこの演奏はそれを超えたといえる。オケの演奏レベル云々をレビューで書かれていますが私にはそんなことは問題にならないと思う。
    さらに特筆すべきは録音の素晴らしさ。最新のデジタルリマスタリングで聴き応え満点だ。演奏も録音も素晴らしいのだから言うことなし。
    ベートーベンの交響曲全集を聞く方には是非オススメしたい。

    12人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/09

    素晴らしい第九の名演。ドイツのオケらしく重厚でどっしりとした演奏。
    HICDとして一層録音も素晴らしいものとなった。
    皆さんプレビューで書かれているとおり終楽章の独唱、合唱が見事。
    第九の名演は数多いがこれは私のナンバーワンディスクだ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示