トップ > My ページ > フォン・デメヤン さんのレビュー一覧

フォン・デメヤン さんのレビュー一覧 

検索結果:29件中16件から29件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/01

    私もブラームスの3番とのカップリングで聞いています。ついにエソテリックから素晴らしいSACDが発売されました。本当に凄いサウンドで、当時のカルーショウのスタッフの優秀さを再認識しました。ドヴォルザークとブラームスでは、微妙にオケの音色を変えて収録しています。専門的には良く判りませんが、マイク位置や響きの捉え方が違うのでしょうか。演奏はオケの持ち味を十分に生かしたもので、カラヤン独特のレガート奏法が人によっては鼻につくかも知れませんが、この指揮者の良い面が如実に出た名演です。これからはSACD盤がトドメをさし、再発を繰り返す度に繰り返されるフォーマット論に終止符が打たれるでしょう。皆さん、SACD
    盤をお聞きください。決して高い買い物ではありませんよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/01

    出ましたよ!!SACDが!!エソテリックからの入念なマスタリングを経た極上盤です。演奏は私が中学生の頃から親しんでいるのであれこれ述べませんが、私にはこの演奏とフリッチャイの悲愴があれば大満足です。(ヴァントの5、6番も素晴らしい!)このSACD盤は高価ですが、もうこれでトドメだと思えば、決して高い買い物ではありませんよ。おそらく収録現場のモニタールームで聞こえていたサウンドはこれだったかもしれません。またもやエソテリックのグッドジョブです!!
    これからもエソテリックには、20世紀の名演・名録音をSACD化してほしいです!!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/14

    ブラーヴァ!久しぶりに日本のピアノ部門で天才が登場しました。技巧も音色も並はずれた才能ですね。とにかく音が綺麗!あとは人間的に成長して、深い音楽を聞かせてくれる日が楽しみです。DVDがおまけについていて、これも素晴らしい演奏です。しかし、正面のルーズショットは客入りなのに、逆打ちのショットは客無しで、おもわず笑ってしまうけど、これも愛嬌と思えば腹も立ちませんね(苦笑)普通なら絶対やってはならない編集で、映像に拘らないメーカー側の大らかな制作意図が伺えます。でも直向きな演奏には感動します。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/25

    このMusica OmniaというレーベルのCDを数点購入しましたが、本当にその高度な録音技術には目を見張ります。音楽的だし、暖かいし、温もりある響きの捉え方は相当の技術力と良い耳を持ったスタッフだと思います。しかし、このエグモントというバリトンにはがっかり。明るい美声ではありますが、解釈があまりにもノー天気で、特に詩人の恋は全く恋の傷みを感ずることが出来ません。しかも高音はベーアと同様避けています。でも録音は素晴らしい!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/10

    このVPOとケルテス、NYPとバーンスタインの両演奏は、今後も沢山の若い人に聞いてもらいたい、レコード芸術の極致です。VPOの弦の美しいこと、惚れ惚れします。VPOも指揮者によっては(メータとかムーティ⇒失礼!)、気の抜けたような駄演をしますが、この時代のケルテスやマゼールの録音は素晴らしい。でもどうせ聞くなら、エソテリックの新マスタリングによるSACDで聞いて欲しい!決して高い買い物ではありませんよ。最高の装置で聞くLPレコードに匹敵する、素晴らしいエソテリックの仕事です!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/08

    私もつよしさん同様、エソテリックのSACD新マスタリングで聞き直しましたが、本当に素晴らしいSACDでした。演奏は今更云うまでもなく、現在でも代表的名盤だと思います。是非沢山の人に聞いてもらいたいSACDです。(決してメーカーの回し者ではありませんよ!)

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/06

    最近発売されたカレリア組曲と第1番のエソテリックの新マスタリングSACDを聞いて、演奏と録音の素晴らしさにビックリ仰天!改めて聞きなおしましたが、本当にこのころのマゼールはチャイコフスキー共々冴え渡っていますね。当時のデッカのスタッフも凄い仕事を成し遂げています。SACDにカップリングされているカレリア組曲の間奏曲を聴くだけで、幸せな気分になります。軽快で明晰なリズム、打楽器群の小気味よい響き、レコード芸術の最良のアルバムです。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    演奏についてはとやかく言うことは有りません。ワルターの長年培ってきた人間性や音楽性が良く出た名演で、大好きな演奏の一つです。今回の音質は、後年のCDに見られたように、リヴァーブで残響を付加せず、自然でリアルな音質です。最初期のCDはこの操作が少ないから人気があるのでしょう。私は今回の復刻は大変気に入っております。SACDはかなり良かったですよ。でも特性的に限界のあるCDフォーマットは、将来性が乏しいかも知れません。最近の各メーカーのSACD撤退からそう感じる昨今です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 15人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/14

    私も安価に釣られての口ですが、豊かな残響ゆえの颯爽としたテンポが、心地よく耳に入ります。VPOやBPOのような濃密な表現を期待するのは無理ですが、何故か心に訴えかけます。シューリヒトがドイツの田舎のオケを振ったような、精密ながら素朴で温かみのある演奏で、こういうブルックナーもありかなと、妙に納得し愛着の湧く全集です。

    15人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/03

    とにかく透明で濁りの無い、精妙な音作り!今までのユダヤ的なコッテリ型を好む人は物足りないかな!?テノールの歌唱も、従来のワーグナー・テノールの絶叫型から開放されて、とてもニュアンスが豊富で素敵ですね!第1楽章が苦手だったのですが、何度も聞きたくなります。ゲルハーヘルも、D・F・Dより声の魅力には乏しいけれど、健闘しています。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    私もセルの演奏が大好きですが、このバーンスタイン盤も大変良かったです。全体的に豊麗なサウンドですが、決して厚化粧ではないしっかりとした音楽を奏でています。ハイドンはオケの巧拙があからさまに出るので、レニーも手綱を引き締めてドライブしています。しっかり練習したのでせう!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/10

    この「未完成」は、私とってもっとも大切な演奏で、まさに座右の名盤です。第1楽章を11回もテイクして、カルゥショウとオーケストラから嫌がられてウンザリされたようですが、ウィーンPOの良いところばかりしか聞き取れないのは、流石にプロの集団ですね。一体どのテイクが使われたのかしら?第1楽章の出だしの第1Vnのリズムの刻みなど弱すぎず、味わいが濃くて大好きです。「ハフナー」も大好きな演奏で、特に第2、3楽章がとても良いですね。CDは以前キングから出ていた「ハイパー・マスタリング」シリーズを聞いていました。これもなかなか

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/04/26

    ダウスゴー&スウェーデン室内Oよりも徹底した古楽器奏法の演奏で、新鮮で清澄な演奏です。管楽器奏者の優秀なことも、この演奏の強み。この演奏を聞いた後に、カラヤン&BPO(EMI)を聞くのも一興です。どちらもなかなか良いですよ!シューマンもすばらしいホルンの演奏です。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/04/26

    ヤン・コボウというテノール歌手を初めて聞きましたが、清潔感あふれる往年のヘフリガーのような品格を感じます。表現も神経質ではなく、素朴さの中にも丁寧な歌いぶりだとおもいます。日本公演では、村治さんのギター伴奏で水車小屋を歌うのが楽しみでが、前売り券が完売でがっかり!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:29件中16件から29件まで表示