トップ > My ページ > ハッチ さんのレビュー一覧

ハッチ さんのレビュー一覧 

検索結果:191件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    ヴァイオリン協奏曲の華がチャイコフスキー。
    ピアノ協奏曲の華やかさもチャイコがNo.1。
    カラヤンに見いだされたムターは10代でベルリンフィルと録音している。
    円熟のソリスト、ムターが満を期して臨んだプレヴィンとのチャイコ。
    コルンゴルトのコンチェルトも含めて素晴らしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    RCA赤盤はファンにとってクラッシック音楽界の至宝。
    ヴァイオリンの神様、ハイフェッツのブラームスは、
    私にブラームスの良さを知らしめた不屈の名盤。
    ライナーとハイフェッツという歴史的名盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    今世紀最高のテノール、ボチェッリが人気の9つのオペラ。
    ボチェッりの声質は最高。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番は同曲のNo.1、
    ラフマニノフのピアノ協奏曲3番も私はNo.1である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    マーラーブームの先駆けとなったのがベルティーニとインバルのマーラー交響曲全集。インバルは今でもマーラーのスペシャリストであるが、フランクフルト放送交響楽団との全集は金字塔でもある。
    私はマーラーの8番をこよなく愛しているので、インバルとマーラーの8番は3枚のアルバムを持っているが、フランクフルトとの録音は最高。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    ショパンのピアノ協奏曲の代表的なアルバム。
    同郷のポーランド祝祭管弦楽団とツィマーマンとの共演。
    昔はピアノ協奏曲1番が好きだったが、
    歳を重ねるごとに、若き日のショパンの恋心とパッションを感ずる
    2番の蒼さがたまらなく愛おしくなった。
    今では2番が圧倒的にロマンチックで好きだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    チャイコの3大バレエの決定版。
    プレヴィンのワーナーBOXに集約したが、
    昔からチャイコのバレエ音楽はプレヴィン。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    バーンスタイン晩年のグラムフォンでの2つのboxは歴史的な偉業として、cdだけでなく映像の記録としても貴重な文化遺産。
    ニューヨークフィル時代のソニーの2つのboxと併せてバーンスタインの全てが世界文化遺産。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    バーンスタインは概ねグラムフォンの2つのboxとソニーの2つのboxで集約されるが、晩年の円熟したバーンスタインのグラムフォン盤はレコード業界の至宝である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    バーンスタインとベルリンフィルが残したマーラーの傑作。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    カラヤンとデッカとの録音は数少ないが、とても貴重な代表曲がデッカに集まっている。全てのboxを揃えたが、やはりバーンスタインとカラヤンはステレオ時代の申し子。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    ソニー、グラモフォン、ワーナーとクラッシックレベルがほぼ3大レベルに集約され、概ねそのうち2つのレベルに集約されるが、メータの場合、ニューヨークフィルとの共演はほぼソニーレベルに集約される。
    boxの魅力はレベルごとに完結できること。
    メータはソニーとワーナーで十分。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    カラスのEMIBOXはスタジオBOXとライブBOXの2つのBOXがあれば完結できる。EMIレベルは往年のファンにとってはクラッシック音楽の3枚看板のひとつ。ワーナーのレベルには何か抵抗感がある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    ワーグナーと言えばクナッパーツブッシュ。
    数少ない正規盤はほとんど持っているが、
    boxにまとめてもらいたい。
    ワーグナーの音楽は特別。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    幻想と言えばEMIのミュンシュ盤が有名だが、レ・シェクルとロトの最新版は、これを超える演奏。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:191件中121件から135件まで表示