トップ > My ページ > Yuki さんのレビュー一覧

Yuki さんのレビュー一覧 

検索結果:144件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/19

    東野圭吾さんの作品では珍しく?探偵物というので興味をもちました。加賀シリーズやガリレオシリーズとは違い、主人公の探偵はあまり目立ちませんが男と女は色々あるなぁと感じる小説でした。短編集ですが面白かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/18

    大好きな中山七里さんの作品。今回はアマゾネスの異名を持つ女性警官のお話。毎回思うのですが中山作品に登場する人物のキャラクターが面白い!今回はこの警官も最高でしたけど8歳の男の子、おじいさん、ヤクザの山崎(以前他の作品にも登場)皆いい味を出しています。最後はいつもの大どんでん返しとちょっとウルっときます。傑作です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/15

    BOOWYの中で一番好きなアルバムは?と聞かれても答えられないです。何故なら全てが名盤だからです。でもこのアルバムはトップ3には入ります。完成度が高いし、かっこいいです!本当に何度聴いたか分からないほど聴きました。思い出の一枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/15

    VHSで4巻セットで持っていて当時よく見ていました。どの巻もみんな名曲ばかりでお気に入りのビデオでした。これがブルーレイでまた発売されるなんて嬉しいです。BOOWYは今聴いても本当にかっこよくて最高のバンドだったと思います。発売が楽しみです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/15

    このライブのVHSを持っていました。BOOWY初の武道館ライブで『IMAGE DOWN』の時の氷室さんの「ライブハウス武道館へようこそ!」の名言(?)はとても印象的でした。本当にかっこよかった!またこのDVDが発売されるなんて嬉しいです。今も昔もずっと氷室さんは素敵です。大好きです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    社会現象を起こした伝説のロックバンドBOOWY。このライブのチケット販売は数分で電話回線がパンク、チケットが取れず行けた人は本当に羨ましかったです。最初の発売の『LAST GIGS』は発売後すぐに買いました。解散してからもう30年以上が経つのに今年またこのDVDが発売されるのですね!改めてBOOWYの凄さ、偉大さを実感します。BOOWYの様なバンドはもう二度と出てこないのではないでしょうか。このDVDを観るといつもそう感じます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    当時人気絶頂のBOOWYが解散するのではという噂が流れた時、まさか?と思いました。このライブの翌日の新聞、ニュースに解散が告げられた時のショックは今でも忘れられません。このDVDが出た時、氷室さんの解散宣言を聞くのが怖くて買うのを迷いましたが、やっぱり買ってしまいました。今でも観ると悲しくなりますがBOOWY最後のライブ(LAST GIGSは除き)なので買って良かったと思います。こんなに切なくなるDVDは他にはありませんが私の宝物です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    ひとりの男性の復讐の話です。しつこく真実を探り出す過程、そして驚愕のラスト。カメラ写真という題材も面白かったです。まさに十万分の一の偶然!この作品は人間のエゴイスト、名声を得る為の手段、人間の執念深さが描かれていて恐ろしかったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    松本清張作品の中でも大好きな作品のひとつです。数ある悪女のなかでも稀代の悪女、鬼塚球磨子。球磨子の無実を信じて奔走する女弁護士の存在も良かったです。女性vs女性の闘いの驚愕のラストは圧巻です。『疑惑』という題名もぴったりです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    松本清張さんは長編だけではなく短編も傑作揃いです。この作品は松本清張作品の中でも特に好きな短編集です。この短編集は女性だけではなく男性の心理、人間の狡さ、エゴ、姑息さなどが描写された名作だと思います。人間の心理を書かせたら松本清張さんの右に出る人はいないのではないでしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    上巻も面白かったのですが下巻はもっと面白く一気読みでした。松本清張さんは本当に人間の特に女性の心理を描くのが特筆していると思います。予想もつかなかったラストは圧巻です。名作はいつの時代になっても面白いですね。読み続けられるのも納得です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    松本清張の小説にはよく悪女が登場しますが、この作品に登場する女性も凄いです!銀行から7500万円を横領し、銀座のママに転身にしますが、そこからも男性をどんどん手玉にとり自分の欲望を得ようとします。前半は順調にしく主人公ですが後半が早く読みたくなります。やはり松本清張は面白いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    松本清張の小説にはよく悪女が登場するが、この小説は悪男も登場する。登場人物がほとんどが悪人という中で人間の欲望の探り合い、騙し合いをここまで描写していて読んでいて人間が信じられない気持ちにもなりました。でも最後はスカッとします。でも主人公がちょっと可哀想になりますが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    松本清張の有名な代表作。私の持つ松本清張のイメージはどちらかと言うとトリックがメインな推理小説ではなく、どろどろの人間心理(特に女性)を描いた社会派ミステリー作家。しかし、この小説は本格的な推理小説。トリックも驚愕。犯人の動機、心理の描写はお見事だと思います。さすが松本清張!名作だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/09

    芥川龍之介の小説は『羅生門』『蜘蛛の糸』『河童』などは中学生の時に読んで不思議な世界を描く作家だなぁと子供心に思っていました。この『地獄変』は大人になってから読んだのですが衝撃を受けました。芸術と愛、情熱、狂気、人間の心理をとても深く書いていて改めて芥川龍之介の才能を痛感しました。しかし『地獄変』怖いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:144件中1件から15件まで表示