トップ > My ページ > 鶴田の坊主 さんのレビュー一覧

鶴田の坊主 さんのレビュー一覧 

検索結果:27件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/06

    フランスのオケは非力ですね。ワルターの気力が空回りしています。特に金管はいただけない。ことブラームスに関して言えば、以前にターラで出たニューヨークフィルとの演奏の方が充実しています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/05

    隠し録りでしょうか、音が悪すぎます。まるで戦前の録音を聴いているようです。ただ演奏は、フォルクスオーパーで活躍したワルベルクだけあってつぼを心得た安心できるものです。歌い手は豪華なメンバーですが、今聴くと発声方法の違いなのか、古臭さも感じます。すべての点で歴史の一こまであると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/17

    涙目で見ているような画質が気になるが、演奏は素晴らしい。西側でその実力が最初に評価されたBSOとの共演は、ことに力が入っている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/17

    1996年10月定期のベートーヴェンチクルスの演奏ではなく、心技体充実していた時期の演奏がセレクトされている。ことドイツ音楽では、サヴァリッシュの教科書的な演奏よりN響に与えた影響は大きいのではないか。残りの交響曲・序曲の復刻も期待したい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/16

    随所でアンサンブルが崩壊しているし、金管の最強奏が下品ですが、チャイコフスキーに内容を求めなければ結構楽しめます。新世界は、それに比べればまともかも知れません。今の時代、このような個性的な演奏は聴けなくなりました。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/10/22

    シュタインの十八番のワーグナーですから悪い筈はありません。晩年の「オランダ人」の演奏会形式による全曲や、N響との最後の共演となった「パルジファル」第3幕なども発売して欲しいです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/10/22

    ローブナーの演奏には録音上の傷が多いですね。ローゼンストックは以前にテレビで見ましたが、大時代で懐かしい演奏です。N響は「悲愴」が大好きで一頃よく演奏して居りましたが、マルケビッチやカラヤンなど名演が多いですね。あと、今回はシュヒターやエッシュバッヒャーが含まれて居りませんが続編があるのでしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/10/22

    日本での評価が定まっていない頃のヴァントの演奏ですが、同年のマタチッチのブルックナーより重厚な演奏です。金管が危なっかしい所もありますが、N響も健闘して居ります。同じ頃ベートーヴェンの第5番も演奏しており、カセットテープに録音したものはひところ愛聴しておりました。続編を期待します。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/18

    マーラーについて。ヒューマンな感覚には惹かれます。ただしオーケストラの自発性・精度は以前のシカゴ響の演奏の方に分があります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/10

    LPOとの録音に比べて、パワフルさに圧倒されました。今更ながら病気前のテンシュテットの凄さに驚愕しました。テスタメントには彼のマーラーも含めて、続編を期待します。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/10

    グレートEMIレコーディングとのコラボなのでしょうか。曲目の配慮が足りませんね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/02

    以前、威儀を正して拝聴していた博士の演奏を、気安く聴けるのは驚きです。できればチャイコフスキーの第4交響曲も含めて欲しかったですね。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/02

    第4楽章だけ取り出した場合、その甘いメロディに辟易しましたが。しかし全体を通して聴けば、カラヤンがどうしてあのような表現をしたのかが解りました。交響曲の一部分だけでCDを作るのはよくありません。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/25

    大見えを切るようなチャイコフスキーは聴きものです。ただしピアニストのテクニックは冴えていません。伴奏に耳を傾けるべきでありましょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/25

    いずれもターラ等で既発の録音でありますが、靄やワフが改善されて聴きごたえ抜群です。アウデーテにはBPOのSFBの録音の発売も期待したいですね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:27件中1件から15件まで表示