トップ > My ページ > nocturnes さんのレビュー一覧

nocturnes さんのレビュー一覧 

検索結果:6件中1件から6件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    今をときめくドゥダメルの若かりし日の記録。まず、オケが案外と良い。イキがいいのは当然として、なかなか上手だし、アンサンブルも整っている。そして、初めて聴く曲たちだが、冒頭のセンセマヤの緊迫感溢れるリズムに心を鷲掴みにされ、それ以降もそれぞれ個性的で魅力的な小品ばかりで、最後のウェストサイド物語のマンボまで一気呵成である。このマンボがまた最高。YouTubeの動画を見ると楽しみが更に増す。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    爆演期待で購入。お目当てのドヴォルザーク8番は、案外と上品な演奏で悪くはないが物足りない。チャイコフスキー4番は、聞いてはいたものの冒頭部分でビックリ。全体的に独自の表現がややわざとらしい。しかし、標題音楽系は、いずれも素晴らしい。オーケストラを自在にドライブした表情豊かな名演揃いで、チャイコフスキーのマンフレッド交響曲を良い曲だと感じたのは、これが初めて。そして聴きものは20世紀の曲たち。とりわけストラヴィンスキーの三楽章の交響曲、バルトークの弦楽のためのディベルティメント、ヒンデミットの画家マティスを収めた一枚はおすすめだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    ハイドンはともかくバロックは、などと言うなかれ。もちろん昨今の古楽スタイルとは全く違うテイストだが、堅牢かつ繊細な、素晴らしい音楽がここにある。有名なアリアの美しいこと。もちろん、ハイドンは期待どおりの素晴らしさだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    冒頭の清冽で透明な響きに、まず心惹かれる。隅々まで統制の取れたアンサンブルと軽やかなリズムが、とても心地良い。そして聴こえてくる妖精の歌は天使の声だ。クレンペラー/フィルハーモニアやプレヴィン/ウィーンフィルを超えたマイベストで、愛聴している。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/28

    個々の曲であれば人それぞれのベスト盤があるのでしょうか、全集としてのレベルの高さでは随一。ケンペについては地味で堅実といった印象が先走っていましたが、基本的に早めのテンポの緩急自在な演奏で、胃にももたれることも飽きることもなく全ての曲を聴きとおすことができます。しかもこの値段。お薦めです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/28

    これといった代表作が見当たらないプーランクですが、いずれも洗練された詩情の中にエスプリが散りばめられた、いかにも古き良きパリを感じさせる素晴らしい曲ばかりで、演奏も当時のフランスにおけるベストメンバーによる名演揃い。個人的には木管の響きにとても惹かれます。録音にも不満はなく、この値段でプーランクの全てを知ることができるお薦めセットです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示