トップ > My ページ > トラトラトラ さんのレビュー一覧

トラトラトラ さんのレビュー一覧 

検索結果:62件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/06/18

    ニーベルングの指環のBlu-rayをほしくてかいましたが、CDの出来に驚嘆。ブーレーズという指揮者、専業指揮者に比べれば、簡素な音なのですが、読みというか、再現力というか、指揮の結果として出てくるものに専業指揮者との知力の差が、歴然と示めされるブーレーズ嫌味というか、ものすごいです。上等の華美なフォーマルでなく、ジーンズを穿いているからと馬鹿にすると痛い目を見ます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/06/12

    なにかとても正しいもの、本質的なものに根ざしたように聞こえる演奏。
    その点が、宇野先生の心を射止めたのではないでしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/06/11

    ブーレーズのユニバーサルの全集箱を買いました。そのブーレーズのユニバーサル全集箱には、『指環』のブルーレイは収録されていました。しかし、ユニバーサル全集箱には、ブーレーズ、シェローコンビの指環の革命的な上演を巡るドキュメンタリーが付いてきませんでした。しかし、ブーレーズ、シェローコンビのブルーレイ版『指環』には、このドキュメンタリーブルーレイが、付いて来ます。しかも、日本語版で!!!これが、このブルーレイ版の指環の注目ポイントであります。このドキュメンタリーブーレーズ、シェローコンビのブルーレイの単なるおまけではありません。ブーレーズ、シェローコンビの『指環』ドキュメンタリーは、本編の『指環』に負けず劣らず素晴らしい内容の作品です。このドキュメンタリーで語られるのは、この実験的な、前代未聞な、そして、歴史を変えたバイロイトにおける指環上演が実は、基本(テキスト、つまり、ワーグナーの書いたト書き、台詞)に徹底して忠実なものであったと言う事実の記録、証明、証言であります。このドキュメンタリーにおいて、上演の関係者たちの基本(ト書き、台詞)に対する強いこだわりが、子細に映像化されています。このドキュメンタリーは、まとまりもよく、関係者の基本に対する情熱は非常に感動的なものであります。このドキュメンタリーが、日本語字幕付きで、ブルーレイの指環におまけで付いてくるというのは、一般のオペラファンにとって素晴らしいニュースであります。ただ、ブーレーズのユニバーサル全集箱にはこのドキュメンタリーは付いてきませんでした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/12/18

    魔弾の射手は、子供のオペラではない。
    フルトヴェングラーも死の年にザルツブルクで上演した。
    ドイツの思想の核となる世界観を表現した大切なオペラ。

    そういう思想を表現したこのアーノンクールなどによる上演は、非常に価値がある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/09/11

    安くなりました。最初全部で八万円ぐらいで買いました。今では、十分の一で買えます。LD発売の前、ベルリンドイツオペラのチクルスにも複数回参加しました。それから、何十年後の今この演奏は、前衛というより、古典であると思います。この演奏録画の制作DVDを何度も観たせいで洗脳されてしまいました。不満は、想像力で補いましょう。コロ、リゲンツァ、サルミネンを繰り返し観ることの出来た親父の余裕の発言です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/20

    買いました。中身は、だいたい知っている CDばかりで新鮮味はないです。それだけ、カラヤン、聴いてないようで聴いていたということです。解説は、今まででた60〜80年代とオペラ箱を集めただけの内容です。驚くべきは、ブルーレイでしたps4 で聴いたら、指環、ラインの黄金から、神々の黄昏までノンストップで聴けちゃいます。今頃、気づきました。凄いことです。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/22

    前のバージョンのグラインドボーン音楽祭のDVD、まともに再生できたのは半分くらいでした!モーツァルトの『イドメネオ』なんか、面白くなったなと思った頃ドンと再生ストップして、画面がフリーズしました。『コジ』も以下同文。『後宮からの逃走』もダメでした。ここのメーカーのは配達されたら全部チェックすることが大切です。私のように負け犬にならないためにも!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/13

    ビルエバンス、キースジャレットとか好きな人にもオススメな素敵なピアノ音楽集です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/16

    隠れていた要素、繊細で、ナイーブで、なんといっても艶めかしさが前面に出てきた。色っぽいというか、肌の温もりが伝わってくる録音。こういうのは、現代の録音でもなかなかないでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/10

    あなたの知らなかった指環。
    歌手陣が、聞き慣れない人ばかりで、ちょっと聴くと評価が難しいです。あと、ケンペはあの甘いマスクが人の誤解を招きがちです。ケンペを優しい、柔和な、人好きのする音楽家だとあのルックスから考えるのは大きな間違いです。ケンペはものすごく、ストイックな音楽家だと思います。ミュンヘンとのブラームスの全集も、ドレスデンとの様々なR.シュトラウスの作品の録音もかなり厳しい音楽を志向していると考えるのが正しいと思います。ローエングリンも厳しい音楽だと考えて聴くとワタシ的には辻褄が合います。この指輪の録音も青磁のような、静かな研ぎ澄ました世界を志向しているように感じました。このようなアプローチは、空前絶後のものであると思います。それゆえに、非常に貴重な録音であると考えます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/04/10

    この箱の演奏を分かりやすくいうならば、キース・ジャレットのソロ・アルバムとおんなじように即興性の豊かな演奏です。単調なシューベルトの繰り返しを、一つ一つ意味づけして演奏を進めていくという演奏です。で、あたかも即興で演奏をやっているように聞こえます。これは、すごいと思いますし、シューベルトも実際にはこのようにやっていたんだろうなと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/03/20

    戦争中のフルトヴェングラーの演奏は圧倒的な絶望の最中にある魂を支えるために絶対的な確信に満ちた演奏スタイルのものが多いですね。戦後のどちらかというと優柔不断な「悩める」タイプの演奏が最近は好きですが、圧倒的なこの時代の演奏は唯一無二、かけがえのないフルトヴェングラーの遺産ですね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/03/15

    作為のない演奏、悪く言えば読みのない演奏。
    淡々と音楽を進めていく演奏。これでやると普通はたちまちあくびが演奏会会場に連鎖してしまうような演奏。
    ただ演奏家たちは、確信に満ち、粛々と音楽が進んでいく演奏。時の流れが止まり、聴衆は我を忘れ、聴衆は我にかえる時をがやってくるのを密かに恐れている、そんな時間の記録

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/03/10

    真面目だけど一癖あって渋いねちっこく真相に迫ろうとする演奏。
    俳優なら、木村拓哉というより森繁久弥やコロンボのピーターフォーク。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/02/07

    Londonの日本製のLPより遥かにできが良いと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:62件中1件から15件まで表示