トップ > My ページ > ビアだる太郎 さんのレビュー一覧

ビアだる太郎 さんのレビュー一覧 

検索結果:73件中16件から30件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/01

    リストは、LPのブライクトロン盤からずーっと愛聴している。CDでも、ブライクトロンの板起こしやテープ復刻を聴いているので、モノラルをきちんと聴くのは初めてな気がする(EMIのモノは持っているが他の曲が目当てでほとんど聴いた記憶がない)。残響処理でやや拡がりを持たせた復刻なので、それ程ブライクトロン盤との違いを感じず楽しめた。選曲と曲順がなかなかうまくて、続けて何度も再生してしまった。ハイドン変奏曲も交響曲のオマケよりこうしたカップリングの方が聴きやすいような気がする。ピチカートポルカで終わる余韻がとても素敵だ。ただ、皇帝円舞曲が入ってないのがちょっと残念だった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/01

    セル盤一筋だったので、恥ずかしながらこの演奏の存在を今まで知らなかった。今回の在庫処分で偶然出会えてラッキー。ワルターとは別のウィーンの伝統的スタイルによるマーラーで、しみじみとした味わいがある。男声がバスなので、音域の関係か魚に説教するパドバの聖アントニウスをフォレスターが歌っている。セル盤にはない、原光を含む版なのもいい。フリッチャイがマーラーを残していたのも初耳で、本当に貴重な演奏が聴けてよかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/01

    ラフマニノフの中でも、私が大好きな2曲がカップリングというのが最高!どちらも、セガンらしく、今までの演奏とは、一味違う演奏効果が聴かれ、へぇ〜ここでこんなバランスで再現されるんだという発見があって新鮮だ。デュトワとの録音が個人的に往年のフィラデルフィアサウンドとイメージが違ったので、ようやく理想のフィラデルフィアサウンドのラフマニノフが聴けた悦びに感無量です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/01

    BWV.532が拾い物。こんないい曲があったなんて、オルガン曲全集を持っていたはずなのに恥ずかしい。編曲も素晴らしく、ストコフスキーのようにオーケストラの劇的効果が前面に出すぎるのではなく、あくまでも宗教音楽としての佇まいを崩さない匙加減がいい塩梅で感動的。ラフマニノフも同様で、落ち着いて聞ける。でも、BWV.532はブラスでやっても面白そう。コラールは練習でも一部をやったような記憶があるから、バッハとブラスは相性がいいと思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

    オルガン版展覧会の絵は何種類も持っているが、トランペットとのデュオはグッドアイデア!想像以上にベストマッチで、マイルスのアランフェス以来の衝撃と言っても過言ではない。とてもトランペット1本とは思えない表現力に舌を巻く。物置に眠っているペットをまた練習しようかしら。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/28

    チャイコフスキーはSACDだったのに、ノーマルCDなのはやや残念。しかし、美しい音で申し分ない。法悦の詩は、生で聴くとオルガンも加わりとてつもないサウンドだが、家庭ではさすがに同じ音量で再生という訳にもいかないので、どうしても箱庭的な印象になってしまうが、合唱が加わるクライマックスは感動的。もっと、このバージョンの録音が増えるといいと思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/01/25

    エロイカはさすらう若人の歌が聴きたくて、同レーベルのCDを持っているが、他の曲は、他レーベルを所有。手持ちのブラ1のSACDがフィナーレで音が乱れるので、今回シングルレイヤーがCD(4枚組)よりお値打ちなこともあり、思い切って買い直した。独特の低域重視のマスタリングは、好みが分かれるだろうが、私の好みには合っている。どちらかと言うと、LP以来ブライクトロン盤の方を愛聴しているのだが、写真で見ると、低弦センター配置。やはり、センターからドーンを低音が響いてくるのがよいのだろう。9番は、ドンチャン華々しかったドリームライフよりも落ち着いて聴ける。シングルレイヤーだからといって凄く音がよくなった訳ではないが、一枚でどっぷりと堪能できるのは、至極の悦びを感じる。下記レヴューで初心者向きとあるが、まだまだ私も初心者なのだろう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/11/19

    最近ヴァンスカやヤンソンスなど立て続けに購入したので、迷っていたが、まとめ買いの数合わせ程度の気持ちで購入した、しかし、聴いてビックリ!最近の演奏は終楽章が速すぎるのが不満だったが、これは、細かいテンポ変化こそあるが、全体に落ち着いたテンポで、実に色彩感豊かな曲の隠れた魅力を再認識させてくれます。このレーベル特有の低音の豊かさも相まって部屋が豪華な音の絨毯で埋め尽くされるよう。細部にも、眼が行き届いていて聴くほどに新発見がありワクワクします。4楽章など自然体でありながら、クレンペラーと並ぶ美しさと言ってよい。この指揮者は侮り難いぞ、今後も要チェックだ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/11/17

    ブル1は、高校の頃FMでエアチェックしたのだが、空きテープがなくて、従兄から貰った語学学習用のカセットテレコと付属テープを使ったらラスト1分前でテープがなくなってしっまた。以来、テレコが壊れるまで愛聴していたが、壊れてからライヴだったことを忘れて、レコードやCDの音が記憶と違う事に不満を持っていた。今回、購入してやっとエアチェックしたのが、このライヴであることを思い出した。50年余りの年月を経てようやく長年のもやもやがすっきりと解決して本当に嬉しい。この雷鳴のように会場一杯に轟き渡るティンパニの響きこそが記憶の残っていた音だった。この時代のアボドがやっぱり最高だ!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/18

    入荷まで随分と待たされたが、待ったかいがありました。初期のペンデレツキやリゲティ、そしてクセナキスを全部一つにまとめたような、まさに現代音楽の玉手箱。私のように、難しいことはいいからひたすら音響の渦に飲み込まれたい人向きの分かり易い曲です。もうキングコング対ゴジラみたいで、ぶつかり合う音の饗宴にワクワクします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/18

    確かに、トロンボーンの後に左から乱入してくる小太鼓が最高ですね。こんな素敵な演奏を教えて頂いた下記レヴューに感謝します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/18

    既に種々のマスタリングの盤を持っているが、全部まとまっていて便利なので買った。4番が意外と音がよく、4楽章フィナーレに追加された弱音のシンバルがこんなに鮮明だったかしら?と驚いた。正規レーベルで聴く3番は、初めてLPを電蓄で再生した時の音に近いし、5番も一枚に詰め込んだ廉価盤輸入LPをシュアーのカートリッジで再生したふてぶてしい音を思い出させる。8番は昔のMCA盤だとフィナーレで猫騙しみたいに突然眼前で咆哮した金管も普通の定位でバランスがよい。全体的にSACD化されたものにはとても及ばないが、昔からのファンには、一番違和感が少なく楽しめるマスタリングだと思う。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/18

    始め、ヘッドフォンで聴いたので、かけるCDを間違えたかと思うほど強烈・鮮烈なサウンドが出てきてビックリ!39番はギーレンが最高と思っていたが、それを超える過激な演奏。感情の棘が体に突き刺さる様な、激烈な音の洗礼を体験したい人にお勧めしたい。但し、人によっては耳を覆いたくなるかも。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/18

    一番期待した、ピアノ協奏曲6番のカデンツァがカットされて演奏されていない!何ということだ、唯一ベートーベン作のカデンツァなのに、これでは買った意味がない、がっかりだ。後、演奏や音はとてもいいです。でも、カデンツァがないことの一点のために他の曲まで全然楽しめない…。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/04

    ほとんどを以前バラで購入しているが、初期CDはいまいちの音のものが多く、BOXで再購入したラヴェルやドビュッシーが随分と音質向上していたので、意外と安くなっていたので再購入した。期待通り、手持ちの2枚組詰め込みカップリングの3大バレエのLPよりずっと低音が豊かで、ようやく名録音と言われたサウンドが再現でき嬉しい。何故か、ポピュラーな花火とサーカスポルカを録音しなかったのは不思議だが、同一時代を生きた者だけが表現できるストラヴィンスキーの真価を説得力をもって聴かせてくれる演奏の数々は素晴らしい。最近のハイテクオケに比べて確かに力量は落ちるが聴かせ上手の手本のようなアンセルメの手腕はもっと再評価されてもよいと思う。今回初めて聴いたマガロフのピアノが聴ける一枚は特に感心した。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:73件中16件から30件まで表示