トップ > My ページ > saitaman さんのレビュー一覧

saitaman さんのレビュー一覧 

検索結果:208件中91件から105件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/18

    全曲フォルテピアノによるモーツァルトのピアノ・ソナタ全集。真面目な演奏であある。どことなく品はあるが、優美とまでいえるかどうか。録音は悪くない。モーツァルトのピアノソナタはモダンピアノで素晴らしい演奏が山のようにある。フォルテピアノという点で明快な特徴があるので、CDラックに置いておく価値はあるかなと思うが、悪いということではないものの演奏自体はとり立てて推すべきほどのものとも思えなかった。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/15

    クレンペラーらしい重厚な音作りではある。しかし、テンポのコントロールが微細かつ磨き抜かれているため、重厚でありながら実に洗練された演奏が楽しめる。オーケストラそのものの出来としては必ずしも完璧な演奏とはいえないものもあるけれど、楽曲の隅々まで掌握し、流れるようなアンサンブルが展開されている。本当に見事だ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 8人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/13

    クーベリックがDGで録音した作品を収めたボックス。ドボルザークやスメタナといったチェコ音楽、マーラーの交響曲全集(大地の歌は無い)、声楽曲に特徴がある。オーケストラもバイエルン放送交響楽団を中心にベルリンフィルなど一流のオーケストラがほとんどで、演奏の水準はとても高く、安心して聴ける。特に、ドボルザークの交響曲全集はかなりおススメである。マーラーも良かった。ベートーベンの交響曲は9曲すべて別のオーケストラということをさせられている。時代的にカラヤンと重なるので、同じレーベルだし、カラヤン&BPOが得意なところはなるべく重ならないように、あるいは違う特徴で、というレコード会社の配慮があったのかもしれない。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/07/28

    20世紀ギター・ソナタ集。5枚セットだが、まったく知らない初めて聴く曲ばかりである。地味ながら、テクニカルで多様性に富んだ作品が収められているが、楽器の特性上、20世紀音楽にありがちな下手するとノイズと紙一重のような部分はあまりない。売れ筋からは外れるが、けして悪くない。お安いセットということもあり、価格以上には楽しめた。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/07/28

    美人リコーダー奏者ミカラ・ペトリのアルバムコレクション。ビバルディをはじめとするバロック、児童合唱との共演、ギターとの共演曲といったさわやか系のもの、ライトクラッシック風の小品集といったものが収められている。バッハの作品をはじめフルートの曲をリコーダーで演奏しているものもある。CD4とCD5のシモーネ率いるアンサンブルは流石である。CD10のグリーグの小品集は指揮者のカムのサポートもあり、なかなかよかった。CD12の現代曲集はとても良かった。どれも録音は秀逸。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/06/24

    限られたレパートリーと演奏機会と指揮台に立てば名演を生み出すことから、生前から伝説の指揮者だったカルロス・クライバーが、DGに録音した12枚のCDを集めたセット。クラシック音楽の定番曲ばかり。共演者もオーケストラも一流。録音も安定している。ベートーヴェンの交響曲第5番、第7番、ブラームスの交響曲第4番、「魔弾の射手」「こうもり」と、今聞いても、どれも名演である。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 12人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/06/24

    当時のロシアのピアニストらしく、力強いタッチで説得力のある演奏を展開。録音はばらつきが大きく、音の悪いものも結構ある。バッハは全体的に安定した演奏で、特に「フーガの技法」はもの凄い。今にいたるまで、この曲のベスト演奏のひとつと断言してよい。CD17のチャイコフスキーの「グランドソナタ」の迫力も素晴らしい。ショスタコービッチの24の前奏曲とフーガは、この人の演奏がすべての規範といえるもので、個人的にはHyperionの3度目の録音が気に入っているのだが、ここに収められている最初と2回目の録音も捨てがたい。特に2度目の方は音もよく心技体のバランスの取れた時期のもので、3種の録音の中では一番いいかもしれない。CD26とCD27は作品自体があまり演奏されることのないもので、珍しい曲を聴く機会になった。ベートーヴェンのソナタは全曲が収められていて、解釈は流石と覆うものもあるものの、ライブ録音でミスタッチがあまりに多く、名演奏がたくさんある中であえてこれを選ぶ必要はないかな、と思った。

    12人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/04/29

    フランスの作曲家、ランドスキの多彩な作品を集めたBOX.ピアノ協奏曲、オーケストラ曲、オペラと、いろいろな演奏家の録音を集めてあるので、特定の演奏家のヴューに偏らず、この作曲家の遺した仕事をざっと聴くことができる。作風はフランスの後期ロマン派の系譜の延長をいくものでオネゲルとかとつながる感じがする。ただ、20世紀後半の作曲家なので現代的な味付けは当然ある。地味なBOXかもしれないが、こういう形でまとまって録音が出てくる機会が少ないアーティストであり、貴重なBOXであるとはいえる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/04/29

    今や巨匠ピアニストの一人となっているシフの協奏曲と室内楽の録音をまとめたもの。シフというピアニストは、技術もさることながら、楽曲の理解が深く、説得力のある演奏をするし、聴きなれた曲であってもハッとさせられるところがある。また、特殊な解釈はせず、標準演奏から外れない範囲で王道をいくので、安心して聴ける。ハイティンク&シュターツカペレ・ドレスデンと組んだベートーヴェンの協奏曲は格調高く読みが深く非常に質が高い。地元ハンガリーのフィッシャー&ブタペスト祝祭管と組んだバルトークの協奏曲集はこの曲集の中ではトップクラスの演奏だろう。妻の塩川悠子らと組んだモーツァルトは気品と一体感がある。5枚目のVeressの曲集は録音自体が珍しい曲だが、拾い物だった。シューベルトとドボルザークも悪くない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/04/29

    いくつか元々持っているのだが、このBOXはリマスタリングによって明らかに音質が向上している。これぞフィラデルフィアサウンドという緻密で美しい響きと、アメリカのオーケストラらしい管楽器のしっかりした力強さが細かいニュアンスまではっきりと伝わってくる。気恥ずかしくなるくらい真正面からシベリウスの音楽のロマン性と繊細さと美しさを前面に押し出してくるオーマンディの指揮に、ハイレベルなオーケストラがビンビン応えている。新旧2つの録音がある曲は、全体的には新録の方が完成度が高いものの、旧録音の方がよりエネルギッシュで劇的な演奏になっており、その点で甲乙つけがたい。感動を誘う素晴らしいシベリウスである。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/02/25

    これは素晴らしいBOXだ。戦争ソナタやピアノ協奏曲第3番のように他にも名演が多くある曲の演奏も素晴らしいが、それらメジャーな作品に比べると少し演奏頻度が下がる作品の方に新しい発見がいろいろあった。特に、内省的あるいは詩情的ともいうべき表現力に優れており、ともするとリズムと技巧と強烈さが目立ちがちな作品群に立体的な奥行きを引き出しており、引き込まれた。音質も良好。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/02/04

    持っているものがいくつもあったので迷ったが、結局買って全て聴き終えた。アシュケナージはDECCAの看板奏者であったので、鮮明な録音技術を誇ったDECCAのスタッフたちと二人三脚で丁寧に録音を重ねた記録でもあり、演奏も音質も大変優れたものになっている。そういう点で、この人はピアニストとして優秀なだけでなくレコード会社との組み合わせに恵まれたところもあるように思う。また、アシュケナージというピアニストの優れた点は、技術もさることながら、曲の解釈における徹底した中庸路線にあると、改めて思った。どの曲も、これがこの曲の標準的な解釈といえるような演奏からけっしてそれることはなく、スタンダードを求めるなら、これほど安心して聴けるピアニストはない。旧録音と新録音が両方ある曲もいくつもあるが、ピアニスト側よりむしろ指揮者やオーケストラとの組み合わせの方に違いや個性を感じる。だから例えば、ラフマニノフなどは新録も旧録もその差は優劣よりも違いであって、どちらがいいかは甲乙つけがたい。弾き振りのものもいくつもあって、そちらはやや立体感に欠けるような印象を受けるものもあるもの、のびのび自在にやっている感が強く出ている。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/21

    まず、抜群に音が良い。アマデウスSQ,ジュリアードSQ,東京SQ、ABQなど優れたセットはいくつも出ているが、このエマーソンSQの録音は、全曲がデジタル録音が安定期に入って以降のものであり、音質だけなら圧勝である。楽器もいいのだろう。こんな値段で粒ぞろいの音質でこれだけそろっていれば、それだけでまず推せる。演奏はスマートで非常に整っており、スキが無い。全部聴いたが、続けて聞き続けていると息が詰まってくる感じすらある。フランスものなどもうちょっと潤いが欲しい気がするし、ショスタコービッチも完璧ではあるのだがもう少し掘り下げられないかという感じはした。ベートーベンとドボルザークはかなり良い。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 8人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/03

    クリュイタンスの記念ボックス。元々持っているおのもあるが、リマスタリングによって音質が大きく改善している。さすがに1940年代の録音はよほどのファンでない限り勧められる音ではないが、モノラルといっても1950年代後半のものはかなり音質が良い。ベルリンフィルとのベートーヴェンの全集は今でも名演として名高いが、クリアな音質への改善によって、時代を超えて名演として再度推せるものになった。ベルリオーズやラベルといったフランスものは当然良い。ルーセルの交響曲も良い。また、ロシアものが意外とよく、ロシアの本場の指揮者の力強さとは少し違った洗練された魅力があった。なにしろ分量があるし、いくら音質が改善しているからといってモノラルが多いので万人向けといえるかどうかはわからないが、クリュイタンスが好きな人ならそうとっかえする意味のあるBOXである。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/12/21

    アックスは音色が美しい上に華やかな演奏をする。協奏曲は古楽器スタイル。チェロとバイオリンのソナタはヨーヨー・マとのコンビ。録音も良い。値段もお安く、お買い得のセットとなっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:208件中91件から105件まで表示