トップ > My ページ > 爺さん さんのレビュー一覧

爺さん さんのレビュー一覧 

検索結果:127件中121件から127件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/30

    80年代、交響曲は主にベームを聴いていたが、レコード店でカザルスが公園みたいなところで椅子に座ってパイプをふかながら楽譜(ただの本かも)を見ているジャケットのLPを発見し、「無伴奏チェロ組曲のカザルスが指揮?」という思いと、価格も手ごろ(1300円だったか?)なので購入した。ベームにはまっていた耳には、ただただ「すごい!まさに『男モーツァルト』だ」と驚嘆した。以来、後期交響曲はカザルスの演奏しか聴かなくなった(後期しかないし)。洗練された美しいモーツァルトに慣れた耳にはパンチの効いたこんな演奏も聴いてみると一興だと思う。録音はさすがに古いので他の新録にはかなわないが、そんなことは全く関係ない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/30

    録音も新しく「良」で、4楽章も良し。4楽章を収録したCDは結構発売されているが、その中でも校訂が新しいこともあり、大分にしっくりくるようになってきたと思う。一方、肝心の演奏はというと、素晴らしい演奏に違いはないが、では取り立ててどこかハマったところがあるかというと特にない。優等生的ではあるが、不良な演奏に気のある私にとっては普通に良い演奏なのだ。4楽章付きの新録という意味においては買っておいて損はないCDである。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/29

    学生時代に先輩の部屋で初めてこの曲を聴いたのがこのレコード(当時)であった。強烈な印象を受けたことをよく覚えている。特に2番は圧倒的。貧乏なのに速効でレコード店へ行って1枚購入し、バイトして保管用にもう1枚ドイツ輸入盤を買った。今は懐に少し余裕ができたので、色々なコンビによる演奏を買っている。それぞれ良い演奏ではあるが、ソロ、オケともに自分としてはいまだこれ以上のものに出会っていない。ポリーニとアバドは若々しく、実にエネルギッシュでかつ正確無比であるし、シカゴ響もさすがである。3番も録音しておいて欲しかった。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/29

    その昔、ヴァージル・フォックスがNHKホールで演奏会を行った模様をテレビで見た。映像の強烈な印象と、爽快感とか圧倒感、バッハの気合のようなものが忘れられず、とにかく前奏曲とフーガBWV.532が聞きたくて色々検索して悩んだ結果、このCDを購入した。オルガン曲はまず楽器としてのオルガンの音色と、奏者の感性に共感できるかがその演奏を好むかどうかがポイントとなるし、先のフォックスの演奏が心に残っているので、このCDの購入は博打的なものであった。結果、録音もいいし、演奏も丁寧で好感が持てるものでっあた。良い。
     

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/26

    全集としてのバランスは極めて良いと思う。もともと1枚1000円程度という廉価で発売されていたが、録音、演奏ともにすばらしいものであった。特に5,7,9番は今でも自分の標準である。2003年にこのコンビによる5,7,8番の連続演奏会を聴く機会に恵まれたが、5番の演奏はCDを聴きこみすぎていたせいか、生演奏の方がややパンチに欠けた印象を持ってしまった。残念な思い出である。ブルックナーの交響曲をこれから聴き始めるのであれば、この全集から入ることをお勧めしたい。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/23

     いわゆるブルックナー指揮者の演奏でも、「2番」は曲自体に今一つピンと来るものがなく、聴く機会が極めて少なかった。
     シモーネ・ヤングのブルックナーシリーズを購入し始め、その内容に感動したこともあり、ライブラリーの賑わいとしてとりあえず「2番」も購入しておくか程度の気持ちで買ってみた。一聴してすごい曲だと感じ、何故今までこの曲をスルーしてしまったのだろうと本当に不思議な気持ちになった。「2番」を敬遠している人がいたら是非ともこの演奏を聴いて頂きたいと思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/23

    帯のフルトヴェングラー協会推薦盤との紹介文とHMVのレビューを読んで購入した。ジャケットの指揮者近影も期待感を上手く醸している。1楽章から3楽章はテンポが心地よく、これはいい買い物をしたと感じた。ただ、4楽章はテンポを動かし過ぎて休止も不必要に長く、オケ・合唱がついて来られない部分があったりして、「何だこりゃ?」と思い始めた。それでも気に入った部分もあり、終盤のゆっくりめのテンポも、「なかなか良いな」と感じながら楽曲終了。そしたら直後にブラボー親父のヒステリックな叫び声のおかげで一気に興ざめしてしまった。 ベームとクーベリックで口直ししましたよ。 

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:127件中121件から127件まで表示