トップ > My ページ > 爺さん さんのレビュー一覧

爺さん さんのレビュー一覧 

検索結果:130件中46件から60件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/31

    この3番は良い。実に良い。シューマンの交響曲で一番聴く機会が少なかったラインが、この演奏によって再発見させられた思いだ。おそらく他の指揮者に比べ、各パートの音量とテンポのバランスが極めてユニークな点に、「ライン」という標題の本質に迫ったと感じたからだ。奇を衒った「ユニーク」ではない。こんな演奏を聴かせて貰えてスクロヴァチェフスキに感謝したい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/24

    このセットを購入した理由はベトヴェン、ブラームス、シューマン、ベルリオーズの交響曲を聴くためだ。ブルックナーの演奏で大好きな指揮者なのに、何故か他の作曲家の演奏は聴いてこなかった。なのでこの廉価なセットは実に在り難かった。素晴らしいのはベートーヴェンの交響曲だ。躍動感に満ちて実に小気味よい。7番はクライバーの名演を彷彿とさせる出色の出来だと感じた(こんな表現しかできない文章力が悲しい)。シューマンも早めのテンポで実に気分よく聴くことが出来た。ただ、ブラームスとベルリオーズは普通の演奏だなぁ・・・尚、スクロヴァチェフスキの自作自演の3曲はすべて気に入り、楽しめた。一聴して頂きたい。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/24

    ムラヴィンスキーは「演奏では自身が緊張するところにソリストの緊張までは負いかねる」とかでコンチェルトの録音が少ないと何かの本で読んだ記憶がある。なので、この録音の存在は知っていたものの、そのような心持で演奏に臨んでもどんなものかなぁと聴かずにいたが、今回の発売を機に買ってみた。名演奏が多いこの楽曲で、はたしてこのコンビの演奏が傑出したものであるかと言うと、私の感想としては良い意味での普通。リヒテルのテクニックも素晴らしいし、ムラヴィンスキーのオケも良い。ただ、この2者の間での相乗効果を感じられなかった点が残念。 6番はどうしてもグラモフォンの名演奏と比較してしまう。一貫したムラヴィンスキー節はゆるぎない。惜しむらくは録音状態。ただ、両曲とも歴史的記録として手元には置いておきたい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/14

    以前レスピーギを聴いて感銘を受け、ライナー/シカゴのCDを集めようと画策していたところ、このボックスが発売された。「1枚1200円で買ったとしも、何とお得なのだろう!」。速攻で予約してしまった。ベートーヴェンのピアノ協奏曲はクライバーンとの共演で、今まで聞いたことのないピアニスト(積極的にCDを探したことなかったし・・・恥ずかしい)の演奏が聴け、実に興味深かった。流石にまだ全部聴いたわけではないが、録音年代を考慮してもかなり秀逸なもばかりである。紙ジャケットも味わい深くて良い。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/05

    予約購入したが、期待を裏切らない素晴らしい演奏であった。この第0番を聴くと、「ブルックナー交響曲のオリジンがここにあるんだなぁ」と思える。他者の演奏に比べるとゆったり目なのかもしれないが(演奏時間的に)、決して冗長ではなく、各楽章ともに説得力がある。未録音の交響曲に対する期待が益々高まった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/13

    良いCDである。組曲でしか聴いたことがないので、劇としての「アルルの女」のラストと(主人公が死んでしまう(自殺?)悲劇的なラスト)と、第2組曲の終曲(ファランドール)との間に感覚的乖離を感じていたが、それも当時の演出で、主人公の死と音楽のコントラストかなぁと勝手に思っていたが(そういった部分も多分にあろう)、その点は解消された。 そんなことより、このCDの魅力は組曲で聴きなれた旋律で歌われる合唱の新鮮さや、柔らかな音の色彩感にあると思う。一言でいうと「美しい」。お奨めの1枚である。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/13

    バルトークの第2ピアノ協奏曲のバックは、シカゴ(ポリーニ/アバドが鮮烈過ぎ)しかできないと思い込んでいたので、アシュケナージ/ショルティのコンビでも「バックがロンドンじゃなぁ」とロンドン交響楽団を侮ってスルーしてました。すみません。実に素晴らしい演奏です。アシュケナージのピアノは実に説得力があり、ショルティとの息がぴったり合って絶妙です。特にピアコン3番は今まで女性的な印象のあるこの曲に、別の焦点(むしろパワフルな側面)を当てた快演だと思います。3番のベストだと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/13

    発注してからずいぶんと待った。しかし待つだけの意味は十分にあった。「アルルの女」はもちろん、「カルメン(組曲)」は私が聴いてきた中で最も感銘を受けたものである。アルルもカルメンも、これほどドラマチックな演奏は初めて。とはいえ、リスナーすべてがそう感じるかは分らない。個性的ではある。アルル第1組曲前奏曲冒頭の弦は、実に小気味よくメリハリがある演奏であるが、カラヤンの様な朗々とした感じが好きには方にはなじめないかもしれない。そのトーンと対照的な第2組曲パストラールは大河の様にゆったりと歌い上げられ、「音楽に身をゆだねて流れていく」ことが出来る。しかも第1組曲と第2組曲の間にカルメンと子供の遊びを配置するという心憎い演出がある。素晴らしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/13

    ルートヴィヒ・バトル・ウィーンフィルで2番を振っている。その事実だけで「レヴァインすげーなぁ」と思った。実際聴いてみると、なかなか良い。ウィーンフィル的な響きというより、アメリカの交響楽団かと思わせるような感じを覚えた。それ自体は悪い意味ではなく、逆に自分としては好ましい響きである。ただ惜しむらくはテンポの取り方で、個人的には今一つ共感できない部分もあった。劇的な演奏ではあるが、自分としては「ちょっとため過ぎじゃん」という個所が散見され、うーん残念。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/13

    ルートヴィヒがカルメンやってるなんて知らなかった。ルートヴィヒはマーラー!と勝手に思い込んでいたので、そんなイメージすら想像したことなかったが、ジャケットから「なんか凄そう」と思わせられた。で、聴いてみるとフランス語とドイツ語の響きこそ違うが、「やっぱりうまいなー」と思う。録音も綺麗でとても良い。N響で指揮していた時のホルストシュタインはよくTVでみたが、CD音源を買ったのは初めて。気に入った。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/04/04

    ショパンはほとんど聴く機会がないのだが(好みの問題です)、このピアコンはアルゲリッチの演奏が素晴らしいだけでなくオケも魅力的で、「ショパンもいいなぁ」と思わせてくれた。で、この盤の目的はバルトーク。これがまた実に小気味よく、心地良く響いてくる。その他の楽曲も、演奏を楽しんでいる様子が思い浮かぶような素晴らしいものだ。若いころの天才的即興性も大好きだが、聴き手を嬉しくさせてくれ、かつ落ち着いた風情のこの盤に出会え、とても満足している。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/03/15

    この楽曲の構造の堅牢さというか、自由度というか可能性にはオルガンなど他の鍵盤楽器だけでも十分に感じることが出来るが、このアプローチはまた新しい側面を見せてくれる。しかも奇をてらっているわけでなく、実に自然なのだ。つまらないタメとかなく、心地いいアンサンブルが展開されている。で、とにかく廉価なのだ!良いと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/03/15

    レビューアー諸兄の評は実に的確で購入の参考になる。新録のパルティータ全集を欲していたのだが、今回満足できる盤を手に入れることが出来た。グールド一色の私の耳には新鮮で極めて美しい演奏だ。すでに諸兄が指摘されているように、バッハの多様性を示す好例であると思う。実に良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/03/15

    極めて説得力がありかつ魅力的な演奏である。正直、「ロシアのバッハ演奏第一人者」という評には特段の魅力を感じず、また何となく野暮ったい近影に、聴いてみようという気は起きなかった。今更ながら大後悔である。奏者のアプローチによって様々な表情を見せてくれる楽曲ではあるが、これはピアノ演奏による一つの頂点とも言えるのではないか。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/03/15

    長らくバッハの鍵盤系はグールドばかり。たまにヴァルヒャかレオンハルト、リヒター(オルガンはもちろんリヒター!)だったので、久々に新規開拓を行った。ニコラーエワはグールドに染まっていた自分に全く違うアプローチのバッハを聴かせてくれた。もはや好みの問題となってしまうが、グールド信者の私もこの演奏にはいたく感銘を受けた。30変奏は筆舌に尽くせぬ孤高の領域にある。良い。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:130件中46件から60件まで表示